倉田が2戦連発となる先制点を決めた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2017の日本代表対ハイチ代表は10月10日、日産スタジアムで19時30分から行なわれている。

 日本は立ち上がりからハイプレスでハイチを自陣に押し込み、ペースを掴む。そして7分、日本は流れるようなパスワークから左サイドを崩すと、長友佑都のクロスに倉田秋が頭で合わせ、ゴールネットを揺らす。倉田の2戦連続ゴールで日本が先制した。

 さらに日本は17分、中央から倉田が抜け出し、GKとの1対1を迎える。シュートはGKの好守に阻まれたが、こぼれ球を杉本健勇が左足ボレーで押し込んだ。杉本の代表初ゴールで日本が2-0とリードを広げた。

 しかし日本は28分、自陣に押し込まれると、走り込んできたケビン・ラフランスに中央を突破され、そのまま右足で押し込まれゴールを許してしまう。スコアは2-1となった。

 前半は日本が2-1とリードして折り返した。

 後半、日本は浅野拓磨に代えて原口元気を、長友に代えて代表デビューとなる車屋紳太郎を投入してスタートした。

  日本は後半、ハイチに3ゴールを許し逆転される展開に。後半アディショナルタイムに酒井高徳のゴールでなんとかドローに持ち込むも、課題の多い試合となってしまった。

【日本代表PHOTO】倉田、杉本の大阪コンビがゴール!