ロシア国民からの支持率が常に80%以上を誇るというプーチン大統領。しかし、今月7日の誕生日には「反体制デモ」が行われ、「プーチンなきロシアを」との声があがりました。反体制派の指導者といわれ、カリスマ的人気を誇るアレクセイ・ナバリヌイ氏は一体どのような人物なのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者でモスクワ在住の国際関係研究者・北野幸伯さんがナバリヌイ氏の人となりを紹介しながら、今後の政局を読み解きます。

プーチン65歳の誕生日に、「反体制デモ」

10月7日は、プーチンさん65歳の誕生日だったのですね。そんなめでたい日に、ロシアでは、「反プーチンデモ」が起こりました。

「プーチンなきロシアを」 反体制派リーダー逮捕に抗議

朝日新聞DIGITAL 10/8(日)19:15配信

 

ロシア各地で7日、反体制派指導者アレクセイ・ナバリヌイ氏の逮捕に抗議する集会やデモが開かれた。来年3月の大統領選を前にプーチン政権の汚職体質への批判の声は地方にも広がり、政権側はインターネット規制の強化などで運動の広がりを阻止する構えだ。

「反体制派指導者アレクセイ・ナバリヌイ氏の逮捕に抗議する集会やデモ」だそうです。なぜナバリヌイさんは、逮捕されたのでしょうか?

ナバリヌイ氏は先月、大統領選に向けた選挙運動を開始。プーチン大統領の65歳の誕生日のこの日、プーチン氏の出身地サンクトペテルブルクで集会を予定していた。だが、2日に「無許可集会を呼びかけた」として逮捕され、20日間の禁錮となった。

(同上)

「無許可集会を呼びかけた」から逮捕されたそうです。

ナバリヌイさんとは?

ところで、ナバリヌイさんて誰でしょう? 日本では、ほとんど無名ですね。

1976年生まれの弁護士、政治活動家。41歳です。カリスマ・ブロガー。カリスマ・ユーチューバー。09年頃から、政府高官の汚職追及で有名になりました。2013年には、モスクワ市長選に立候補し、27%を獲得、2位につけます。2016年12月、2018年の大統領選挙に立候補すると宣言しました。

彼の代表的動画、「オン ヴァム ニ ディモン」といいます(意味は、「彼は、あなたのディモンじゃない」、ディモンというのは、メドベージェフのこと)。メドベージェフ首相の汚職を暴いたもの。

2,400万人以上(おそらくほとんどロシア人)が見た。それで、メドの汚職を追求する大規模デモも起こりました。この動画、ロシア語ですが、「メドの隠し資産のすごさ」がわかって面白いです。時間があれば、豪華別荘群の写真だけでもご覧になってください。

プーチンの代わりがいないロシア

ロシアでは、言うまでもなく「プーチン一強」です。そのレベルは、脆かった「安倍一強」とはわけが違う。2014年3月にクリミアを併合した後、ず〜〜〜と8割台の支持率を誇っている。こういうと、必ず「っていうか世論調査、操作されてるのでは?」と聞かれます。もちろん、そんな可能性はありますね。それで私は、会う人会う人に、「プーチンどう?」と聞きます。ほとんどの人が、プーチンを支持しています。というか、「他に人がいない」と。

ちなみに、ロシアは「共産党一党独裁」の中国とは違います。議会選挙があり、下院には4党いる(統一ロシア、ロシア共産党、ロシア自民党、公正ロシア)。しかし、与党も野党も、「プーチン批判」を一切しないのです。彼らは、「システム内野党」と呼ばれます。

あなどれないナバリヌイの影響力

ロシアには、「システム外野党」もいます。ほとんど大した力はありませんが、唯一あなどれないのがナバリヌイさん。私は、長年彼について「デモを呼びかけては、しょっちゅう逮捕されている変わった人」と見ていました。しかし、「結構影響あるのかな」と感じが出来事が二つあった。

一つは、2013年のモスクワ市長選のとき。近所の80過ぎのおばあさんが、「ナバリヌイに投票してね!」と、熱心に選挙運動していた。話を聞くと、とても情熱的に彼のことを語っていました。

もう一回は、友人の誕生日会に行ったときのこと。そこには、モスクワ大学哲学科に通う天才少女と、そのお母さんがいた。誕生日会の最中に「政治議論」が始まってしまいました。その天才少女は、ナバリヌイ支持者。お母さんは、プーチン支持者。二人で熱い論戦になってしまい、周りの人たちが、「まあまあ落ち着いて」となだめなければならなかった。

私は、「80過ぎのおばあさんから、モスクワ大学の天才少女まで支持を得ているナバリヌイさんは、結構すごい」と関心したのです。

しかし、プーチン一強は揺るがず

ちなみにロシアでは、2018年3月に大統領選挙があります。5カ月後ですね。面白いのですが、誰も正式に立候補していない。当然、誰も選挙運動していない。アメリカみたく、「2年間選挙戦が続く」のとはずいぶん違います。おそらく「政治的空白」(笑)をつくりたくないのでしょう。それに、誰が出てもプーチンには勝てません。プーチン以外に予想される候補は、

共産党のジュガーノフ?自民党のジリノフスキー?公正ロシアのミローノフ?

彼らは、90年代から大統領選に出て、毎回負けている人たちです。そして、勝つ気もない。ナバリヌイさんは、おそらく出させてもらえないでしょう。いえ、出馬してフェアに戦っても、プーチンには勝てないと思います。結局、プーチンの時代は、最低あと6年間続きます。

メルケルさんは、4期目に突入。習近平は、もうすぐ2期目の5年が始まる(彼は、死ぬまで続けたいらしい)。安倍総理も、負けずに超長期政権をつくったらいいですね(しかし、消費税は上げないでください)。

image by: Semen Lixodeev / Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!