©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

70年代の歌謡界に大ヒット曲を残した庄野真代、太田裕美、渡辺真知子。

そんな仲良し3人組が、10月11日(水)に放送される『徹子の部屋』に登場する。

©テレビ朝日

当時は、歌番組で一緒になるも、あまりの忙しさからお互いが自分のことで精一杯だったという3人。

フォーク出身の庄野は、マネージャーも付かずテレビ局に入り、衣装には自分でアイロンをかけた。またシンガーソングライターの渡辺は、来る日も来る日も曲作り。寝不足が続き、楽屋に入るとまずしたのは座布団探しで、一瞬で寝入ってしまっていたそうだ。

©テレビ朝日

『徹子の部屋』には、仲良く3回ずつ出演している3人。

今回はそのVTRとヒット曲のVTRを見ながら、当時話題になった庄野の「世界旅行」話や、『木綿のハンカチーフ』大ヒットに隠れた太田の“憎きあの曲”の話。また、元気いっぱいな渡辺の「豪快な歌唱力の秘密」など、今だからこその裏話で黒柳とともに盛り上がる。