硝子の器を覗けば、黒い猫又が現れる。『逢魔ヶ刻、猫は跨ぐ。世を』

写真拡大

猫と切子ガラスが合わさると、その魅力は無限大に。

ガラス工芸家のIceCrack+/可夜さんによる初個展『逢魔ヶ刻、猫は跨ぐ。世を』が渋谷のいろどりやギャラリーで開催中だ。可夜さんと言えば、猫と切子を融合させた「猫切子」や、彫刻に宙吹きを融合した「月渡り猫」といった独特の世界観を持つ作品たちで知られる。TV番組の『所さんのニッポンの出番!』、『行列の出来る法律相談所』、NHK関西ニュースといった多数のメディアや雑誌でも取り上げられた。さらに観光庁が行っているおみやげグランプリ2017で見事『クールジャパン賞』を受賞している。

今回の個展では、可夜さんがこの日のために創り上げた作品約200点が展示販売される。初日の展示開始時刻。ギャラリーの前にはすでに行列が。可夜さんの作品に魅了された人は多く、今回は一点モノ作品も多く出店販売される。新作を確実に購入しようという人も多いはずだ。

開場にあわせて来場者がギャラリーに吸い込まれるように入っていく。ギャラリー内はすぐに人でいっぱいになり熱気も増す。来場者はひとつひとつの作品を手に取り、細部に至るまで丹念に観察。細かな部分のデザイン、形状、光に当てた際の反射による輝きなど、作品の魅力を存分に体感している。

可夜さんの作品で特に有名なのは『クールジャパン賞』 受賞作品でもある「夕焼け猫+七宝紋/切子」だろう。しかし、だからこそ可夜さんは、「夕焼け猫」のデザインを超えるという壁に苦しめられたと言う。まさに自分自身がライバルであった2年という時間を費やし、今回、新たなるデザインの切子が登場した。

それが第2弾「逢魔猫切子」である。猫の尻尾に注目して欲しい。尻尾の先が二又に分かれている。そう、この猫はいわゆる「猫又」なのだ。そして背景はまさに個展のタイトルにもある「逢魔ヶ刻」。古くから夕暮れには妖(あやかし)が出現するというが、この猫又もまた夕暮れに出没し、猫に化けて人間界を闊歩するのかもしれない。

「夕焼け猫」 は愛猫の雪ちゃんを撮影した写真がモチーフになっているが、今回の作品は、想像上の要素を取り入れている。並べられた作品は可夜さんのデザインと、江戸切子職人の仕事によるものだ。今回の個展では、可夜さんが自らデザインするだけでなく、実際の作品まで自分自身のみで作り上げた作品が多く展示販売されている。

「逢魔猫」のデザインを細部にまで彫り上げた作品も。猫の躍動感や、地面に映る影、背景の電線などがひとつのグラスに集約されている。中を覗くと、その細かさがより実感できる。グラスの形状にあわせてわずかなズレも許されないため、緻密な技術と神経が必要とされる。「逢魔猫」のデザインの完成形とも言えるものだろう。可夜さんによると「背景に電車を入れるかどうか迷いました(笑)」とのこと。

また、宙吹きと彫刻が合わさった類稀なる制法、グラールによる作品は、絶妙なコントロールが要求され、作成にはかなりの苦労があったとのこと。「銀箔紅葉」がコンセプトの作品。通常、紅葉と言えば秋の鮮やかな色を想像するが、こちらは銀色の紅葉である。冬の訪れを示唆するような、幻想的な雰囲気に仕上がっている。

面白いデザインといえば「小悪魔猫」。なんと猫に羽が生えているではないか。このデザインが生まれるきっかけになったのも、愛猫の雪ちゃん。ある日、ハロウィンに使う「小悪魔」カチューシャを買ってきた可夜さんは、雪ちゃんに着けてもらおうと考えた。ただし人間用のカチューシャなので、雪ちゃんの頭には大きすぎる……。ちょっと考えた末、背中の辺りに着けてもらうとこれがピッタリ。そしてその姿は、まるで羽が生えた猫のようだったのだ。振り向いたお顔がなんともキュートである。