サッカー日本代表【写真:田中伸弥】

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2017・ハイチ代表戦に臨む日本代表のスターティングメンバーが発表された。

▼GK
12 東口順昭(ガンバ大阪)

▼DF
5 長友佑都(インテル/イタリア)
3 昌子源(鹿島アントラーズ)
20 槙野智章(浦和レッズ)
21 酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)

▼MF
6 遠藤航(浦和レッズ)
7 倉田秋(ガンバ大阪)
17 小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)

▼FW
14 乾貴士(エイバル/スペイン)
18 浅野拓磨(シュトゥットガルト/ドイツ)
13 杉本健勇(セレッソ大阪)

「出ていない選手にもチャンスを与えたい」と前日会見でヴァイッド・ハリルホジッチ監督が話していたように、ニュージーランド戦からスタメン9人を入れ替えた。

 GKは約1年半ぶりに東口順昭が出場を果たすことになった。最終ラインはCBの一角に昌子源、右SBに酒井高徳が入った。長友佑都と槙野智章が2試合続けて先発出場だ。初選出の車屋紳太郎はベンチスタートとなった。

 中盤は遠藤航、倉田秋、小林祐希が入る。遠藤がアンカーで、インサイドハーフを倉田と小林が務める形になりそうだ。ニュージーランド戦で倉田は勝ち越しゴールを挙げ、小林は落ち着いたプレーでチームにリズムをもたらしていた。

 前線は乾貴士、浅野拓磨、杉本健勇の3枚。乾はニュージーランド戦で得点に絡んだだけでなく、ドリブル突破や周囲とのコンビネーションで相手を翻弄した。彼のところでタメが生まれれば味方もプレーしやすくなるだろう。杉本はA代表初スタメン。今季はJ1で得点を量産しているだけに自信もあるはずで、ゴールという目に見える結果を残したいところだ。

text by 編集部