iPhone Xに搭載されたことで一挙に次世代技術として注目を集めている顔認証センサーですが、技術的な問題などから、すべてのスマートフォンベンダーが一挙に追随を始めるというわけにもいきません。なかには、Appleが放棄したとも言われる「指紋認証センサーのディスプレイ内埋め込み」にこだわる企業も存在します。

指紋認証にこだわるSamsung

Apple製品に関する数々の正確な予測で知られる、KGI証券のミンチー・クオ氏は、Samsungが2018年後半にリリース予定のGalaxy Note 9で、ディスプレイ上で指紋認証が行えるようにするだろう、と新たに公開したレポートで述べました。
 
以前にも同様の見解を示していたクオ氏ですが、今回のレポートでは、すでに複数のサプライヤーがサンプルを持ち寄って、搭載に向けたテストを実施していることが明らかにされています。同氏によると、埋め込み用の指紋認証センサーを担当する可能性があるのは、BeyondEyeとSamsungの下請け企業であるSamsung LSI、そして現行の指紋認証センサーを担当するEgisのどれかだそうです。
 
Samsungが用いる技術は、有機EL(OLED)パネルがディスプレイとしてのみならず、指紋認証センサーの光源としての役割も果たすような仕組みだと考えられています。OLEDが光源の役目も担うことによって、消費電力を抑えることが可能です。

AppleのFace IDに対抗するには

すでにGalaxy S8で顔認証機能を搭載しているSamsungですが、この機能は写真でロック解除されてしまうことが発覚しており、Face IDのような高度なセキュリティーとしては考えられていません。
 
事実、Appleの開発した、顔認証を可能にするTrueDepthカメラの技術と他社ベンダーのそれとは、テクノロジーレベルにして2年半ほどの隔たりがある、とクオ氏も指摘しています。したがって、Appleが技術的課題から諦めたと言われている指紋認証センサーのディスプレイ内埋め込みを完成させることは、少なくとも今のところは正しい戦略だと言えるのではないでしょうか。
 
 
Source:Business Insider
(kihachi)