昼食会で発言する文大統領(右から3人目)=10日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

◇文大統領 安保問題の超党派協力訴える

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は青瓦台(大統領府)で国会議長や首相ら「5部要人」と昼食会を開き、「与野党が少なくとも安保に関しては常に認識を共有し、超党派で協力できる与野党、政府の常設協議体が構成されれば、国民の心を一つにするのに役立つだろう」と述べた。

◇大型クレーン転倒で作業員転落 3人死亡・2人負傷

 午後1時36分ごろ、ソウル郊外の京畿道議政府市のマンション工事現場で大型クレーンが転倒する事故があり、14階建ての高さのクレーンで作業していた3人が転落して死亡、2人が負傷した。

◇最大野党代表秘書の通信資料照会 当局「査察ではない」

 最大野党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表が警察など5機関が自身の秘書の通信履歴を照会したとして、「政治査察」を受けたなどと主張していることについて、警察当局は捜査中の事件関係者の通話履歴に秘書の番号があったため確認しただけだったとして、「政治査察ではない」と反論した。

◇北朝鮮の党創建記念日 挑発可能性に備え警戒

 韓国と米国の軍当局は北朝鮮が朝鮮労働党創建72年の記念日を迎え、大型の挑発を強行する可能性に備えている。韓国軍関係者は「党創建記念日前後に挑発に乗り出す可能性があり、北の軍の動向を綿密に監視している」と明らかにした。

◇釜山で発見のヒアリ 「すべて死滅」

 先月末、釜山港の埠頭(ふとう)で強い毒を持つヒアリが初めて見つかったことについて、農林畜産検疫本部は会見を開き、ヒアリはすべて死滅したとの暫定結論を出した。女王アリも死んだとされる。また、全国34カ所の港湾を調べた結果、新たなヒアリは見つからなかったという。