大坂がストレートで勝利、2回戦は尾とビーナスの勝者と激突へ[香港テニス・オープン]

写真拡大

「香港テニス・オープン」(10月9日〜10月15日/中国・香港/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、世界ランキング64位の大坂なおみ(日清食品)と同415位のアレクサ・グアラチー(チリ)が対戦。大坂が7-5、6-4のストレート勝ちで2回戦へ進出した。試合時間は1時間25分。

両者は今回が初対戦となった。第1セットは拮抗した状態でなかなかチャンスを作ることができないまま試合が進む。しかし大坂からみて6-5となった第12ゲームでようやく大坂がブレークに成功し、第1セットを先取した。

第2セットは第1セットとうってかわって序盤からブレーク合戦。第1ゲームで大坂はブレークを許すものの、続く第2ゲームですぐさまブレークバック。さらに第4、第6ゲームでもブレークに成功しサービングフォーザマッチへ。しかしグアラチーもこのままでは終わらない。このゲームをブレークし踏みとどまると第9ゲームも取り返し、ブレークの数はイーブンへ。しかし続く第10ゲームで大坂がこのセット4度目のブレークを決め、2回戦進出を決めた。

第1セットはブレークチャンスが大坂の3個のみだったが、第2セットは両者合わせて17個。うちブレーク成功が7つと激しい試合展開だったが、世界ランキングで大きく上回る大坂が勝利を収めた。

大坂は2回戦で、尾粼里紗(江崎グリコ)とビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)の勝者と対戦する。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「香港テニス・オープン」で2回戦に進出した大坂なおみ(武漢オープンのときのもの)
(Photo by Yifan Ding/Getty Images)