W杯出場の条件

写真拡大

レオ・メッシのアルゼンチン代表は、ワールドカップ本選への出場をかけた最後の戦いに挑む。対ペルー戦で引き分けたことで、キト市で開催される対エクアドル戦でアルゼンチン代表は必ず勝利しなければ、本戦への出場の可能性は消える。現在アルゼンチンは中南米予選の第6位であり、プレーオフの権利を持つペルーと勝ち点は同じである。

対ペルー戦で引き分けたアルゼンチンがプレーオフの権利を得るには、10月10日に開催される対エクアドル戦で勝利を収めるほかはない。

【ケースごとの予想】
■アルゼンチンがエクアドルに勝利した場合
-アルゼンチンがプレーオフの権利を獲得する

-ペルー対コロンビア戦が引分けに終わった場合、または対ブラジル戦でチリが負けた場合には本戦への出場が決定

-アルゼンチン対エクアドル戦と同様の点差(もしくはそれ以上)でペルーが勝利した場合に、アルゼンチンはプレーオフの権利を維持する

■エクアドル戦で引き分けた場合(3つの試合に影響される)
-コロンビアがペルーに勝利し、チリが対ブラジル戦で同様の点差(もしくはそれ以上)で敗北した場合、パラグアイがベネズエラに敗れた場合、アルゼンチンは本戦へ出場。

-ペルーがコロンビアを2点以上の差で下した場合、チリが対ブラジル戦で2点以上の差で敗北した場合、パラグアイがベネズエラに敗れた場合、アルゼンチンは本戦へ出場。

-コロンビアがペルーに勝利し、パラグアイがベネズエラと引き分けた場合、アルゼンチンはプレーオフを手にする。

-ペルーがコロンビアに勝利した場合、チリがブラジルに2点差以上で敗北した場合、パラグアイがベネズエラに敗れた場合、アルゼンチンはプレーオフを手にする。

-コロンビアがペルーに勝利した場合、チリが対ブラジル戦で2点差以上で敗北した場合、アルゼンチンはプレーオフを手にする。

-ペルーがコロンビアと引き分けた場合、ディリが対ブラジル戦で2得点歳以上で敗北した場合、パラグアイがベネズエラに敗れた場合、アルゼンチンはプレーオフを手にする。

-ペルーがコロンビアに2得点差以上で勝利した場合、チリが同様の得点差でブラジルに敗れた場合、アルゼンチンはプレーオフを手にする。

■対エクアドル戦で敗北した場合
この場合、アルゼンチンが本戦に返り咲く可能性はほとんど無いが、以下の場合のみプレーオフが与えられる。
-コロンビアが2ゴール最上でペルーに勝利し、パラグアイがベネズエラに敗北した場合。