画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ぜいたくカレーやエスニック料理が炊飯器&電子レンジで作れちゃう

家事に仕事に忙しいママに代わって、たまにはパパが料理を担当してみませんか? 今回は、料理動画メディアmogooが、パパ向けのレシピを紹介します。炊飯器や電子レンジ、それにホットプレートなどを使えば、簡単な上に家族も大満足間違いなしの手の込んだ料理が作れますよ。

○電子レンジで作れちゃう!? 「高速バターチキンカレー」

材料(4皿分)

鶏もも肉 1枚 / 玉ねぎ 2分の1個 / 水 100ml / カットトマト缶 400g / ケチャップ 大さじ2 / 砂糖 小さじ1 / ウスターソース 小さじ1 / 顆粒コンソメ 小さじ2 / おろしにんにく 小さじ1 / カレールウ 2片 / 牛乳 200ml / バター 30g / 生クリーム お好みで

作り方

1.鶏もも肉は一口大に切る。

2.ボウルに1、スライスした玉ねぎ、水、カットトマト缶、ケチャップ、砂糖、ウスターソース、顆粒コンソメ、おろしにんにく、カレールウを入れラップをし、電子レンジ(600W)で13分加熱する。

3.レンジからとり出しよく混ぜ、さらに、牛乳、バターを加え混ぜる。

4.再びラップをし、レンジで3分加熱し、お好みで生クリームをかければ完成!

●電子レンジで作れるので、忙しい平日にもオススメ

●材料を切って混ぜるだけなので、難しいテクニックは必要なく、簡単に調理できる

●電子レンジで調理している間にもう1品作ることもできる

○炊飯器で作るぜいたくな味「牛すじカレー」

材料(2人分)

ごはん お好みの量 / 牛すじ肉 300g / 玉ねぎ 1個 / カレー粉 大さじ3 / ダイストマト缶 400g / にんにく 1片分 / 顆粒コンソメ 大さじ1 / 塩 小さじ4分の1 / こしょう 少々

作り方

1.鍋に牛すじ肉を入れ、たっぷりの水を注ぐ。

2.中火で沸かしてアクを出し、ぬるま湯で洗う。

3.2の工程をもう1度繰り返す。

4.3を一口大にカットする。

5.玉ねぎ、にんにくはみじん切りにしておく。

6.炊飯器のおかまに5、カレー粉、ダイストマト缶、顆粒コンソメ、4、塩、こしょうを入れ軽く混ぜ、炊飯ボタンを押す。

7.皿にごはんを盛り、6をかけて完成!

●冷凍ごはんがあるときにオススメ

●下茹でした牛すじ肉を他の材料と一緒に炊飯器に入れて炊くだけの簡単調理

●炊飯器で煮込むことで、簡単に牛すじがトロトロになる

○インドネシアの代表料理♪「簡単ナシゴレン」

材料(2人分)

ごはん お茶碗2杯分 / 鶏もも肉 1枚 / 目玉焼き 2個 / 玉ねぎ 4分の1個 / 冷凍シーフードミックス 100g / 赤パプリカ 4分の1個 / 黄パプリカ 4分の1個 / 塩 適量 / こしょう 少々 / にんにく 1片 / スイートチリソース 大さじ1 / オイスターソース 大さじ1 / ケチャップ 大さじ1 / ナンプラー 大さじ1 / しょうゆ 小さじ1 / ブラックペッパー 少々 / サラダ油 適量

作り方

1.鶏もも肉は下処理をし、塩、こしょうで下味をつけて一口大に切っておく。

2.玉ねぎ、赤パプリカ、黄パプリカは粗みじん切りにしておく。

3.フライパンにサラダ油を熱し、みじん切りにしたにんにくを熱する。

4.1と解凍したシーフードミックスを加えて炒める。

5.玉ねぎ、赤パプリカ、黄パプリカ、ごはんを加えて軽く炒め、ナンプラー、しょうゆ、スイートチリソース、オイスターソース、ケチャップを加えてさらに炒める。

6.器に盛って目玉焼きをのせ、ブラックペッパーをふりかけて完成!

●一見ハードルが高そうなエスニック料理だが、男性が作りやすい料理の定番「チャーハン」と同じ要領で簡単に作れる

●サラダなどと共にワンプレートで盛りつけると栄養バランスも◎

○炊飯器で簡単うれしい「カオマンガイ」

材料(2人分)

米 1合 / 鶏もも肉 1枚 / 長ねぎ(青い部分) 2分の1本 / 塩 少々 / おろしにんにく 小さじ4分の1 / おろししょうが 小さじ4分の1 / 鶏がらスープの素 小さじ2分の1タレ【おろししょうが 小さじ1 / しょうゆ 大さじ1 / 酢 小さじ2 / 砂糖 小さじ1 / ごま油 小さじ1 / 長ねぎ 4分の1本】

作り方

1.鶏もも肉の皮目にフォークで穴をあけ、塩をまぶす。

2.炊飯釜に米、1合分の水、おろしにんにく、おろししょうが、鶏がらスープの素を加え混ぜ、1、みじん切りした長ねぎ(青い部分)をのせて炊飯する。

3.器にタレの材料を混ぜる合わせる。

4.2を皿に盛り、3をかけて、完成!

●ママに休んでもらいたい日にもオススメのカフェ風ごはん

●ワンプレートごはんは洗い物が減らせるメリットもある

●炊飯器で調理できるので失敗なし!

○男性歓喜!「豚しゃぶのネギ胡麻まみれ」

材料(2人分)

豚ばら薄切り肉 400g / 長ねぎ 1本 / 酢 大さじ2 / しょうゆ 大さじ2 / 砂糖 大さじ1 / 水 小さじ2 / ごま油 小さじ2 / 白ごま 大さじ3

作り方

1.耐熱容器にみじん切りにした長ねぎ、酢、しょうゆ、砂糖、水、ごま油を入れラップをし、電子レンジ(600W)で1分加熱する。

2.鍋にたっぷりのお湯(分量外)を沸かし、一口大に切った豚ばら薄切り肉を茹でる。

3.豚肉に火が通ったら、ザルにあげ冷ましておく。

4.ボウルに3、1、白ごまを入れよく和え完成!

●豚バラ肉を茹でて、電子レンジで調理したネギだれとあえるだけの簡単レシピ

●おつまみにもおかずにもなる1品

次ページでは、炊飯器で作る煮物や、専門店の人気メニューを再現したハンバーグ、食欲をそそる"アレンジ餃子"レシピなどをご紹介します。

●パーティーや作りおきにも便利なメニュー

○あっと驚く楽チン激ウマおかず「フライパンでBIGにら玉」

材料(4人分)

にら 1束 / 豚バラ薄切り肉 200g / 卵 4個 / 豆乳 50ml / 鶏がらスープの素 大さじ2分の1 / しょうゆ 小さじ2 / こしょう 少々 / 塩 少々 / ごま油 適量

作り方

1.にらは3cmの長さに、豚バラ薄切り肉は一口大に切る。

2.ボウルに卵を割り入れ、よく溶きほぐし、豆乳、鶏がらスープの素、しょうゆ、こしょうを加えよく混ぜる。

3.フライパンにごま油をひき、1を炒め、豚バラ薄切り肉に火が入ったら、塩を加える。

4.2を流し入れ、ゆっくりと混ぜる。

5.全体が半熟になったら、弱火にしてふたをし、蒸し焼きにする。

6.全体に火が入ったら完成!

●お家で簡単に、手間なくちゃんとした(風な)おかずができる

●テクニックいらずで簡単に作れて、たっぷり食べられる

●ご飯が進む味付けで、丼にして食べてもおいしい

●もやしやキノコを入れてもおいしく、カサ増ししやすい

○炊飯器で作る「豚の角煮」

材料(4人分)

豚バラブロック 400g / ゆで卵 2個 / しょうが 30g / 水 400ml / しょうゆ 大さじ4 / みりん 大さじ3 / 酒 100ml / 砂糖 大さじ2 / はちみつ 大さじ2

作り方

1.しょうがを薄くスライスし、豚バラブロックを5cm幅にカットする。

2.フライパンで豚バラブロックに焼き目をつける。

3.炊飯器の内釜にしょうが、しょうゆ、みりん、酒、砂糖、はちみつを入れ混ぜる。

4.2を入れ蓋をし、1度目の炊飯を行う。

5.1度目の炊飯が終わったら、ゆで卵を入れ再度炊飯し完成!

●難しそうなイメージのある豚の角煮が炊飯器で簡単に作れる

●炊飯する時は、「通常モード」で2回炊飯するのがポイント

●週末の作りおきレシピとしてもオススメ

○ほっくほくのポテサラがたまらない「ポテサラinハンバーグ」

材料(1人分)

じゃがいも 1個 / 顆粒コンソメ 小さじ1 / 牛乳 小さじ2 / マヨネーズ 大さじ1 / 塩 少々 / こしょう 少々 / 合いびき肉 150g / 玉ねぎ 8分の1個 / カレー粉 小さじ2分の1 / パン粉 大さじ1 / 牛乳(肉用) 大さじ1 / 片栗粉 大さじ1 / 塩(肉用) 少々 / こしょう(肉用) 少々 / サラダ油 適量

作り方

1.じゃがいもの皮をむいてラップで包み、電子レンジ(500w)で7分加熱する。

2.1をよくつぶし、顆粒コンソメ、牛乳、マヨネーズ、塩、こしょうを加えよく混ぜる。

3.別のボウルに合いびき肉、みじん切りした玉ねぎ、カレー粉、パン粉、牛乳(肉用)、片栗粉、塩(肉用)、こしょう(肉用)を入れよくこねる。

4.3で2を包み、小判形に成形する。

5.フライパンにサラダ油をひき、4を焼く。

6.両面に焼き目をつけ、完成

●ハンバーグ専門店の人気メニューをご家庭でも楽しめる、再現レシピ

●普通のハンバーグに比べ、火の通りを気にしなくても良いので失敗知らず

○いつもと一味違う「まんまるビーフ餃子」

材料(5個分)

餃子の皮 10枚 / なす 1本 / 牛ひき肉 100g / 砂糖 小さじ1 / みりん 小さじ1 / しょうゆ 小さじ2 / おろししょうが 小さじ1 / おろしにんにく 小さじ1 / 鶏がらスープの素 小さじ2 / 片栗粉 小さじ2分の1 / ごま油 適量 / 水 40ml

作り方

1.なすは1cm角に切る。

2.ボウルに1、牛ひき肉、砂糖、みりん、しょうゆ、おろししょうが、おろしにんにく、鶏がらスープの素、片栗粉を入れよくこねる。

3.餃子の皮の中央に2をのせ、フチに水をつける。

4.さらにもう1枚餃子の皮をかぶせ、まわりをとじる。

5.フライパンにごま油をひいて4を焼き、焼き色がついたらひっくり返し、水を入れフタをする。

6.両面がこんがりと焼けたら、完成!

●2017年、mogooで大人気の「アレンジ餃子」レシピ

●牛肉を使うことでいつもよりリッチな味に

●ひだをつけない包み方なので、不器用なパパでも簡単にできるお手軽レシピ

○みんなでワイワイ♪「ホットプレートタコライス」

材料(4人分)

ご飯 丼2杯分 / 合いびき肉 200g / にんにく 1片 / 玉ねぎ 2分の1個 / 塩 少々 / こしょう 少々 / ケチャップ 大さじ3 / ウスターソース 大さじ2 / カレー粉 大さじ1 / サラダ油 適量 / 卵 1個 / レタス 10枚 / トマト 1個 / アボカド 1個 / ピザ用チーズ 50g

作り方

1.ホットプレートにサラダ油をひき、みじん切りにしたにんにくを入れ香りを出す。

2.合いびき肉、みじん切りにした玉ねぎを加えて炒め、さらに塩、こしょう、ケチャップ、ウスターソース、カレー粉を加えて汁気が飛ぶまで炒める。

3.中央に寄せて余分な油を拭きとり、中央をくぼませ卵を割り入れる。

4.ご飯、ざく切りにしたレタス、トマト、アボカド、ピザ用チーズを盛り付ける。

5.卵に火が通ったら、完成!

●mogooで人気のホットプレート活用レシピ

●これからの季節、ホームパーティーや子どもの集まりにもオススメのダイナミックな1品

●ホットプレートなので冷めずに熱々のまま食べられる

●材料をどんどん追加していく工程で、お子さまも一緒に楽しめる

○レシピ提供

mogoo

料理専門家らがオリジナルで考案した時短レシピを30秒動画でチェックできる料理動画サービス。「かんたん、おいしい、たのしい」をコンセプトに、管理栄養士やフードコーディネーターなどを中心とした社内の料理専門チームが独自に考案したレシピをもとに内製で動画制作のうえ、毎日配信している。10〜30代の女性から圧倒的な支持を得ていて、月間1,000万人が閲覧している。

「料理動画メディアmogoo」で企業へのレシピ提案をはじめ、商品のプロモーション企画まで行うなど、食の分野において幅広く活躍中。