左から瀬下寛之監督と花澤香菜さん

写真拡大 (全2枚)

11月3日(金・祝)から開催される「ゴジラ・フェス 2017」のイベントステージに、アニメ映画『GODZILLA 怪獣惑星』(11月17日(金)公開)の瀬下寛之監督と、ヒロインのユウコ・タニを演じる花澤香菜さんが登壇する。

【ゴジラフェスに花澤香菜と瀬下監督 映画『GODZILLA 怪獣惑星』を語るの画像・動画をすべて見る】

公開を目前に控えた2人は、会場に揃った8体のゴジラ像の前で、ゴジラに関するトークや生誕を祝うセレモニーを行うという。

観覧は無料だが、優先観覧エリアには事前応募が必要。10月16日(月)から、イベント公式サイトで受け付けをスタートする。

シリーズ初のアニメーション版ゴジラ


GODZILLA 怪獣惑星


『GODZILLA 怪獣惑星』はシリーズ最新作にして、ゴジラとしては史上初のアニメ映画。

静野孔文さんと瀬下寛之さんが共同監督をつとめ、虚淵玄(ニトロプラス)らがシリーズ構成を担当するほか、宮野真守さんや櫻井孝宏さん、花澤香菜さんといったキャスト陣も発表されている。

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』予告



物語は、ゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となってしまった2万年後の地球が舞台。

公開中の予告編では、主人公ハルオ・サカキを演じる宮野真守さんのナレーションから、作品世界の一端を垣間見ることができる。

(C)2017 TOHO CO., LTD.

イベントも映画も楽しみ