W杯欧州予選、“悲運”の2位チームはどこに? 最終戦で番狂わせが起きれば…

写真拡大 (全2枚)

プレーオフに進めない“2位の最下位”は現時点でF組のスロバキア

 ワールドカップ欧州予選は、現地時間10日に行われるA組、B組、H組のゲームを残すのみとなったが、グループ2位となってもプレーオフに進めない“悲運”が訪れる対象チームは2カ国に絞られた。

 欧州予選は9組に分かれた各グループの首位チームが本大会出場権を獲得し、2位の9カ国のうち上位8カ国がプレーオフに進出する。当初52カ国の参加が予定され、9組に分かれたグループ内のチーム数の違いにより複雑なレギュレーションが予定されていたが、コソボとジブラルタルのFIFA加盟が認められたため参加国が54カ国に増加。各グループの数が6カ国で統一されたため、単純な勝ち点と得失点差により順位が決まることになった。

 9日の試合を終えた時点で、各組2位の中で最低勝ち点はイングランドが首位通過を決めているF組のスロバキアで、勝ち点「18」の得失点差「+10」になっている。この組はスコットランド、スロベニアを合わせた3カ国で2位の座を争う大混戦グループとなったため、全体の勝ち点が伸びなかった。

 10日に最終戦を戦うグループの現時点での2位チームは、A組はスウェーデンが勝ち点「19」、B組はポルトガルが同「24」を稼いでいるため、順位の逆転が起こっても2位チームがスロバキアを下回ることがない。その命運は、ギリシャとボスニア・ヘルツェゴビナが2位の座を争うH組のゲームに託されることになった。

ギリシャが握る命運、最下位に勝利濃厚も…

 H組の2位はギリシャで勝ち点「16」、3位ボスニア・ヘルツェゴビナは同「14」となっている。このため、ギリシャが最終戦で勝利して2位を確保すると、勝ち点が「19」まで伸びるためスロバキアの敗退が決定。ギリシャが引き分けに終わった場合は同「17」止まりとなるため、スロバキアのプレーオフ進出が決まる。

 このため、日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督の祖国でH組3位のボスニア・ヘルツェゴビナは、最終戦に勝てば勝ち点を「17」に伸ばし、ギリシャが引き分け以下に終わればグループ2位に浮上するものの、すでにプレーオフ進出の可能性は断たれており、予選敗退が決まっている。

 最終戦でギリシャが対戦するのは最下位ジブラルタルで、それもホームでの対戦。アウェーでの初戦で4-1と勝利している上に、ジブラルタルは今予選9戦全敗となっており、ギリシャが勝利する可能性が非常に高いと言えるだろう。

 イタリア・セリエAの強豪ナポリの中心選手であるMFマレク・ハムシクなどを擁し、混戦グループで2位を確保したスロバキアだが、W杯本大会への道はジブラルタルの“超”がつくほどの番狂わせを期待するしかない厳しい状況となっている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images