画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ノジマは、プライベートブランド「ELSONIC」の4K液晶テレビを発表した。55V型と49V型を用意し、11月より順次発売する。価格は55V型の「ECS-TU55R」が69,800円、49V型の「ECS-TU49R」が53,800円 (いずれも税別)。なお、原稿執筆時点で初回入荷分は完売しており、次回分の予約は再開され次第ノジマオンラインの公式Twitterにてアナウンスされる。

ECS-TU55RとECS-TU49Rは、地上/BS/110度CSデジタルチューナー×2基を内蔵しUSB HDDでの裏番組録画が可能な4Kテレビだ。LED直下型バックライトと日本製ボードを搭載、視野角は176°で、4:4:4の広色域に対応している。

そのほか、コマ遅れを軽減する低遅延機能 (PC/ゲームモニター専用モード)や、節電モード、ON/OFFタイマー、付属リモコンで他社製レコーダーの一部機能を操作できるHDMI連動機能、デジタル音声をスピーカーに送るARC機能を備えている。

今後は、外付けHDDでの番組録画に対応した32V型液晶テレビと24V型地デジ専用液晶テレビも投入予定。また、今回の4Kテレビに対応した、YouTubeなどの動画をテレビで視聴できるアダプタを発売予定だ。