画面から得られる無数の情報を瞬時に処理するゲーマーの脳(画像は「スタークラフト」リマスター版)

写真拡大

かつては「脳に悪影響を与える」などと攻撃されていたテレビゲームも、近年の研究で認知機能の改善や維持に効果がある可能性が示唆されている。

さらに、認知機能だけにとどまらない効果も期待できるかもしれない。

独ルール大学ボーフムのサブリナ・シェンク博士とボリス・スチャン博士らが行動神経科学分野の学術誌「Behavioural Brain Research」2017年9月29日号で発表した研究では、ゲーマー(重度のゲームプレイヤー)は学習能力や獲得した知識を元に次の行動へと活かす柔軟性においても優れている可能性があるというのだ。

カードの組み合わせが示す天気を当てる

ゲーム研究の分野ではしばしば認知機能に与える影響が検証されているが、それ以外の効果や具体的に脳のどのような神経回路に作用しているのかは不明点が多い。

シェンク博士らは新たな知見を得るため、知識の取得や分類、活用の仕方といった、いわゆる「学習」にゲームが与える影響を調査することにした。

まず、1週間に15時間以上ゲームをするゲーマー17人と、日常的にゲームをする習慣のない人を募集。

両グループにはMRIによる脳の活性化観察に加え、1990年代に開発された「天気予報タスク」と言われるテストを受けてもらった。これは学習や脳の柔軟性、不確実な事象の予測といった能力を評価するためのテストで、記号が描かれたカードの組み合わせが示す天気を推測するというもの。

例えば市松模様のカードは「雨の確率が20%」を意味し、水玉模様のカードは「晴れの確率が80%」を意味するとしよう。すると、市松模様と水玉模様の組み合わせが示す天気予報は「晴れ」となる。

こうした雨や晴れの確率が異なる記号カードを16枚用意し、3パターンだけ記号の組み合わせが示す天気を提示。以降はランダムに2〜3枚の組み合わせを見せ、その天気を当てるというテストを34人の被験者が受けた。

テストの特性上、回数を重ねるほどそれぞれのカードが示す確率は推測しやすくなり天気予報の正解率は向上するが、ゲーマーグループの正解率は非ゲーマーグループに比べ有意に高く、完全にカードが示す天気の確率を把握した被験者までいたという。

テスト後に「どのカードがどの天気の確率を示していたか」というアンケートを実施すると、ゲーマーは16枚中平均12枚を当てていたのに対し、非ゲーマーは平均8枚にとどまっている。

海馬以外も活性化していた

MRIの観察結果でも両者には大きな違いが確認されている。「天気予報タスク」に取り組んでいるとき、ゲーマーも非ゲーマーも学習や記憶において重要な役割を果たす脳の「海馬」が同程度に活性化していたが、ゲーマーは海馬以外の領域も活性化。

意識して記憶したわけではないが知識として保有している「意味記憶」や視覚画像などの制御を司る脳の他の部位も活性化しており、明らかに海馬以外の領域も鍛えられていることがわかった。

今回の結果から、シェンク博士らは、

「ゲーマーは状況を素早く分析し、新しい知識を生み出し、事実を分類し、特に高い不確実性を伴う状況で得た知識を活用する能力が優れている」

とし、さらにゲーム研究が進むことで高齢者の認知機能改善だけでなく、若年層の学習能力改善などにも応用できるのではないかと指摘している。

ちなみに論文によると、今回の研究で集められたゲーマーたちはリアルタイムストラテジー(RTS)の名作「スタークラフト」シリーズの愛好家だ。RTSはリアルタイムに進む時間や環境の変化に対応しつつ、的確な戦術・戦略を立て部隊や軍隊を指揮し、プレイヤー同士が対戦するというもの。こうしたゲームのジャンルによっても脳に与える影響が異なるのかもしれない。