キーカバーまでオシャレにこだわったモデル

 青空をイメージしたフィアット500/500Cの限定車「500/500C CieloBlu(チエーロブル)」が10月7日(土)より全国のディーラーにて、合計150台で限定販売された。

「1.2Pop」をベースに、ブルー ヴォラーレのボディカラーと限定車特別装備となるホワイトのアクセントパーツを組み合わせて爽やかにカラーコーディネートされたモデルで、ハッチバックの500を100台とカブリオレの500Cを50台、合計150台の台数限定となる。

 車名のCieloBluはイタリア語で「青空」を意味し、晴れやかな空色のボディに真っ白な雲を連想させるホワイトのミラーカバーを特別装備している。

 500C チエーロブルでは、ソフトトップカラーにアイボリーを採用。

 インテリアは、ベース車のグレーのシートに代わり、上級グレードのLoungeと同じアイボリーとグレンチェック柄を合わせたおしゃれなデザインとなり、キーカバーにはホワイトのカラーアクセントもあしらわれた。鮮やかなブルーとホワイトのコンビネーションが爽やかな1台で、ぜひ気持ちまで晴れやかになってほしい。