10日、環球時報によると、フィリピン国防部は9日、中国からの武器譲渡式における「技術的ミス」に対し、中国側に謝罪したとの声明を出した。写真はフィリピン地図。

写真拡大

2017年10月10日、環球時報によると、フィリピン国防部は9日、中国からの武器譲渡式における「技術的ミス」に対し、中国側に謝罪したとの声明を出した。

フィリピンが「重大かつ絶対に故意ではないミス」として中国側に謝罪したのは、今月5日の武器譲渡式で台湾国防部のロゴを横断幕に使用した問題。声明はミスの内容を具体的に示していないが「中国大使を通して中国政府ならびに中国の人々に正式に謝罪した」とし、中国による支援に感謝の意を示した上で「フィリピン国防部と武装部隊はフィリピン政府が遂行する一つの中国政策を厳格に守ることを重ねて表明する」と述べた。

フィリピンにある中国大使館の説明によると、テロ主義打撃を目的とする中国からの武器提供は今年2回目。ライフル銃や銃弾などが引き渡されたという。(翻訳・編集/野谷)