プスカシュ賞はいったい誰の手に

写真拡大

ベネズエラ代表デイナ・カステジャーノス、フランス代表オリヴィエ・ジルー(アーセナル)、南アフリカ代表マスルク・オスカリン(バロカ)がプスカシュ賞のファイナリストに選出された。最も優れたゴールが選ばれるプスカシュ賞は、FIFAのガラパーティ(特別な祭典)において授与される。

ピッチのほぼ中心から放たれたデイナ・カステジャーノスの見事なゴールは、ワールドカップU-17のカメルーン戦でベネズエラ代表に勝利をもたらした。またオーランドパイレーツ戦で一か八かで攻撃に上がっていたGKマスルク・オスカリンのオーバーヘッドシュートや、クリスタルパレス戦でのオリヴィエ・ジルーのスーパーゴールが候補に挙がっている。

ファイナリストに選ばれなかった選手たちには、ケヴィン=プリンス・ボアテング(ガーナ代表、ラスパルマス所属)や、アレハンドロ・カマルゴ(アルゼンチン代表、コンセプシオン大学所属)、ムサ・デンベレ(U-20フランス代表、セルティック・グラスゴー所属)、アビレス・ウルタード(コロンビア代表、ティフアナチョロス所属)、マリオ・マンジュキッチ(クロアチア代表、ユベントス所属)、ネマニャ・マティッチ(セルビア代表、チェルシー所属)、ジョルディ・ヌブラ(スペイン代表、FCバルセロナ下部組織所属)がいる。

FIFAの公式HPを通じて、ファン投票が10月23日まで開催され、同日にロンドン・パラディウムシアターで『The Best』の授賞式が開催される。