北朝鮮の金正恩党委員長が9日、在日本朝鮮人総連合会(総連)の傘下団体である在日本朝鮮民主女性同盟の結成70周年記念中央大会に祝電を送った。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩氏は祝電で「在日本朝鮮民主女性同盟が歩んできた70年は金日成主席と金正日総書記の指導と愛で織り成された歴史であり、在日同胞女性の愛国衷情と献身で刻まれた勝利の道程である」と明らかにした。

また、「在日本朝鮮民主女性同盟は、全ての在日同胞女性の権益を代表する総聯の最大の大衆団体であり、同胞女性は在日朝鮮人運動の片方の車輪を押し進める強力な愛国力量である」と評した。

さらに、「在日同胞女性は身はたとえ異国にあっても、金正日的愛国主義を心に大事に秘めて祖国の自主的統一と社会主義強国の建設に特色ある寄与をし、正義と真理を大切にする日本の女性をはじめ世界の進歩的女性と友好のきずなをいっそう強化していかなければならない」と指摘した。

その上で、金正恩氏が「在日本朝鮮民主女性同盟をいたわり、推し立ててくれ主席と総書記の信頼と愛で女性同盟の強化発展と在日同胞女性の尊厳と幸福のために血縁の情と心を傾けていくとの期待と信頼を表した」と伝えた。