魯報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は10日の定例会見で、ノーベル平和賞に国際非政府組織(NGO)、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が選ばれたことについて、「政府は北の核問題の究極的な解決に向けた国際社会の努力を一層強化する契機になるよう望む」と述べた。

 また、核兵器禁止条約に関し、「核軍縮はNPT(核拡散防止条約)を中心とする従来の国際的な軍縮・不拡散体制下で個別の国の安全保障の現実を踏まえながら、漸進的に推進されるべきというのが韓国政府の立場」と説明した上で「今後も韓国政府は国際社会の核軍縮努力に寄与していきたい」とした。

 NPTに参加していない韓国政府の従来の立場を重ねて示したものとみられる。