レタス1個ぺろりと食べられます /調理=野口真紀 撮影=木村拓

写真拡大

ほかにも「サラダ」のレシピをチェック!

突然ですが、レタスを水洗いした後、みなさんはどうやって水を切っていますか? 水切り器に入れてぐるぐるまわす? ふきんで包んで水を切る? どちらの方法も大正解。でももし時間に余裕があるのなら、下記の方法を試してみてほしいのです。

葉っぱが傷まないから、すみずみまでいきいきとしていて見た目がきれい。口に入れれば、そのみずみずしい食感にきっとびっくりするはずです。レタスそのものがおいしいから、ドレッシングはシンプルに。にんにく、しょうゆ、みりんで作る簡単ドレッシングは、覚えておいて損はないおいしさですよ。

 

■ 【レタスのにんにくじょうゆサラダ】

<材料>(作りやすい分量・4人分)

レタス1個、にんにくの薄切り3〜4片分、サラダ油、しょうゆ、みりん

<作り方>

(1)レタスは食べやすい大きさにちぎって洗い、ざるに上げて水けをきる。保存容器に厚めのペーパータオルを敷き、レタスを入れる。もう1枚のペーパータオルでふたをしてから容器のふたをし、冷蔵室で保存する。

(2)小さめのフライパンに、油大さじ3、にんにくを入れ、中火にかける。にんにくがこんがりと色づいたら取り出す。

(3)器にレタスを盛り、2のにんにくチップを散らす。フライパンに残ったにんにくオイルに、しょうゆ、みりん各大さじ3を加えて中火で煮立て、レタスに回しかける。

(177kcal、塩分2.6g)

 

昼夜の気温の差が激しく、風邪をひきやすいとき。抗菌作用、抗酸化作用の強いにんにくを食事に取り入れて、元気にすごしましょう!