トイレのウラに効果テキメン! 常備しておきたい逸品5選

写真拡大 (全18枚)

やらなきゃと思いながらも、ついつい後回しにしてしまうトイレ掃除。ふと見たときに悲鳴を上げないためにも、次の休みは、トイレをカンペキにキレイにしてみませんか? メンドーな作業がラクになり、汚れがみるみる落とせる1000円以下のグッズを厳選して紹介します。


フチ裏の汚れは
泡+直拭きでカンペキに落とす



まずは、普段は見えないフチ裏の汚れにアプローチ。つい放置しがちなこのパーツ、やるとゴッソリ汚れが取れますよ! たとえ日々ブラシ掃除をしていても、どうしても小さな取り残しが蓄積されてしまうもの。そこで登場するのが、この2アイテムの合わせワザです。



サンコー
トイレピカピカ直洗い(20枚入)
実勢価格 :889円



アイメディア
トイレふちウラ泡クリーナー
実勢価格 :504円



まずは、「トイレふちウラ泡クリーナー」をたっぷり吹き付けます。



そして、キモになるのがこのステップ。ブラシを使わず、「ピカピカトイレ直洗い」のシートで緩めた汚れを一気に拭き取ります!



左が、1回目の拭き取り後のシート。イヤーな汚れが、ごっそり落ちているのがわかります。右側は二度拭き後のシート。1回目の拭き取りで、いかに汚れが落ちたかがわかります。

ブラシ掃除も試しましたが、一番汚れが落ちたのがこの組み合わせでした。ゴッソリ取れる汚れを見ると、もはや次の掃除が待ち遠しくなるほど! 恐る恐る拭くのではなく、ゴム手袋を使ってガッツリ吹き上げるのがキレイに仕上げる秘訣です。


早く買っておけばよかった!
優秀すぎるトイレ専用ワイパー


続いては床掃除。汚していないつもりでも、知らず知らずのうちに跳ね返ったしずくやホコリで、びっくりするほど汚れが溜まっているんです。そんな床の掃除に活躍するのがこちら。



コンドル
ラクラク トイレ床用ワイパー
実勢価格 :780円



家にあるワイパーで足りるよね? と思いがちですが、リビング用のワイパーは幅が広く、狭いトイレではいろんなところに引っかかってしまい、結構ストレスフルなんです。この専用ワイパーは幅が狭くて小回りが利き、トイレ用掃除シートのサイズにもジャストフィット。



そして、実は恐ろしいほど汚れているのが壁! このワイパーならスティックがワイパー部分とほぼ平行になる位置まで曲がるので、壁掃除もイケちゃいます。



掃除が終わったらクリップ部分を広げれば、シートに触れずに捨てられて衛生的。コレ、本当に便利なんです! トイレ専用ワイパーの底力を見せつけてくれるアイテムです。


最後の仕上げに
細部を掃除すればカンペキ!


便器や床以上に放置しがちなのが、シャワートイレのノズルなどの細かいパーツではないでしょうか。何を使って掃除すればいいかわからない! という人にぜひ使ってほしいのがこちら。



レック
ノズル&すき間クリーナー(6本入り)
実勢価格:272円



1本でスポンジ、ブラシ、ヘラの3役をこなしてくれるアイテムです。これさえあれば、シャワートイレのノズルや、トイレの細かいパーツの掃除が一気に完了します!



スティック中央のスポンジ部分は、シャワートイレのノズル掃除にピッタリ。厚みがありしっかり洗えます。



スティックの先端は、フタの開閉部の隙間など、ホコリがたまりやすいのに狭くて掃除ができない場所の汚れをかき出すのに活躍。



便器と床の境目のホコリも、先端のブラシを使えば簡単にかき出せます。それでも太刀打ちできないガンコな汚れには、ヘラ部分でとどめを!


掃除が終わったあとも
さらに快適に



サンコー
便座用取っ手
実勢価格:263円

キレイに仕上げたトイレをさらに快適にカスタムしてくれるのがこちら。



この製品を便座に取り付ければ、便座に直接触れずに持ち上げることができます。

一度重い腰を上げれば、自然とその後もキレイなトイレをキープしたくなるはず。手の届きやすい価格の優秀アイテムで、ぜひトライしてみてくださいね。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。