「スクラブ」とは、研磨剤の役割を果たす小さな粒がたくさん入った洗顔料のことです。ニキビ対策や角質除去など…最近はこのスクラブが入った洗顔料が多く販売されています。「ボディスクラブ」のように、身体に使うタイプのスクラブ石鹸もありますね。このスクラブにはメリットもデメリットもあります。やみくもに使う前に、一度スクラブについておさらいしておきましょう。

スクラブってどんな洗顔料?

スクラブの魅力は、何といっても研磨剤による働きで毛穴に詰まった汚れや角質を落としてしまえる点です。古い角質を除去してターンオーバーを正常化させる、という意味ではピーリングに近いものがありますね。スクラブは塩やこんにゃく、米ぬかなどを原料に作られていることが多いです。素材によってはスクラブの粒も大きさが違いますから、本人の肌質に合わせて細かい粒子や大きめの粒を使い分けましょう。

角質や黒ずみを除去して美肌になる

スクラブの配合された洗顔料のメリットは、肌トラブルを一気に解決へと導く点ですね。毛穴に詰まった角質や皮脂を取り除けるため、肌の黒ずみも取れて見た目が美しくなります。また、ターンオーバーの正常化によって肌のバリア機能も回復します。肌荒れやニキビといった肌トラブルの予防にもなりますね。スクラブ洗顔料の多くには、肌のハリや潤いをプラスするための美容成分が含まれています。そのため洗顔後には化粧水や乳液の浸透率も高くなると評判です。

頻繁に使うと逆に肌荒れを起こすことも

洗浄力が強いスクラブ洗顔料は、頻繁に使いすぎると逆に肌荒れを引き起こしてしまいます。肌は潤いを保つためにある程度の皮脂を必要としていて、スクラブ洗顔料を使いすぎると必要な分の皮脂までを落としてしまいかねません。また、スクラブの粒の大きさによっては、洗顔をするときに肌を傷つけてしまいます。一般の洗顔料と比べてザラザラした感触がスクラブ洗顔の特徴です。このザラザラを強く肌に擦りつけると、肌のバリア機能を破壊してダメージを与えてしまうのです。

スクラブ洗顔はしっかり泡立てて使おう

スクラブ洗顔料を使うときは、しっかりキメの細かな泡を作ってから洗顔しましょう。泡はやさしく肌に乗せていくような感じで、絶対にゴシゴシと擦りつけるのはNGです。また、スクラブ洗顔の後はすぐに保湿などのスキンケアを徹底しましょう。使用回数と使用方法を適切に行えばスクラブ洗顔はデメリットばかりではありませんので、上手に利用しましょう。


writer:さじや