@AUTOCAR

写真拡大

「魂動デザイン」を深化 コンセプトに反映

マツダは、次世代デザインの方向性を具現化したコンセプトモデル(以下、次世代デザインビジョンモデル)を東京モーターショー2017で発表する。

マツダは、次世代デザインビジョンモデルについて、「2012年のマツダCX-5導入以来、世界中から高く評価されてきました。この魂動デザインの表現方法をさらに深化させ、次世代デザインの考え方を具現化しました」と説明する。

なお、今回のマツダのショーテーマは「走る歓び」。「クルマを愛するひとに人生の輝きを提供する」という。

「このテーマには、将来においても「走る歓び」にあふれるカーライフを提供することで、お客さまの人生を豊かにしたいです。お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになる、という決意が込められています」と説明している。