@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

「SKYACTIV-X」と「SKYACTIV-Vehicle Architecture」を採用

次世代商品群の先駆けとなるコンセプトモデル(以下、次世代商品コンセプトモデル)を発表する。

次世代商品コンセプトモデルは、マツダの次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチだとマツダは説明する。

ガソリンエンジンにおいて圧着着火を制御する技術の実用化に世界で初めてめどをつけた「SKYACTIV-X」と、人間中心の思想を突き詰めて各機能を最適化したという次世代の車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャ)」を採用。

「全方位で飛躍的に洗練されたダイナミクス性能を実現します」とマツダは説明する。

また、次世代デザインをコンパクトカーのフォルムに凝縮し、マツダが考える理想的なコンパクトハッチバックを目指したそうだ。