ネマニャ・マティッチが男泣き

写真拡大

 セルビア代表MFネマニャ・マティッチが母国のW杯出場に歓喜の涙を流した。英『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

 9日、勝ち点18で首位に立つセルビアは、ホームでジョージアと対戦。後半29分にカウンターからMFアレクサンダル・プリヨビッチが決めたゴールが決勝点となり、1-0で完封勝ち。D組の首位が確定し、2大会ぶり2度目となる本大会出場を決めた。

 試合後、スラボルユブ・ムスリン監督は「頑張りが報われた。このチームを誇りに思うよ。目的を達成し、歴史に名を刻んだからね。これはまちがいなく歴史的な結果だ。何年もの時を経て、やっと私たちはW杯出場を手にした」と喜びを語り、「我々ならやれると信じていたからこそ、私はこのチームを引き受けた。最初の瞬間から、我々はずっと互いを信頼し合っていたんだ」とチーム一丸でW杯出場を勝ち取ったと強調した。

 また、マティッチは「今、世界で僕が一番幸せだと思う。僕らをサポートしてくれた人たちにありがとうと伝えたい。セルビアのユニフォームのために、情熱を出して戦ったよ。美しいサッカーをするのではなくてね。僕らが予選を勝ち抜くと思っている人はあまりいなかった。だけど僕らは戦って、ロシアに進むべき理由を示したんだ」と胸を張った。


●ロシアW杯欧州予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧