チャンス・ザ・ラッパー、警察とのやりとりをインスタでライブ配信 カニエとランチも

写真拡大

 チャンス・ザ・ラッパーが2017年10月8日、クリスティン・コーリーが運転する車に二人の2歳の娘ケンズリーちゃんと同乗していたところ、シカゴ警察に停車を命じられ、やりとりの一部始終を自身のインスタグラムでライブ配信した。

 クリスティンになぜ撮影しているのか聞かれたチャンスは、「万が一手に負えなくなった時に備えて、みんなにもいてもらいたいと思って」とフォロワーに向けて説明し、「大丈夫だとは思うけどさ。誠実なはずだ。俺は人間性や、バッジをつけている男女を(警察を)信頼しているけど、用心するに越したことはないだろ」と動画で話している。

 また彼は、教会から帰る途中だったと状況を説明し、武器もドラッグも積んでいないが娘も一緒だったこともあり、「警察のシステムその物が過度に人種差別的で暴虐的だから」念の為に配信しているのだと話している。

 シカゴ・サン・タイムズ紙によると、8日の午後1時頃にクリスティン・コーリーを走行中の交通違反で止め、警告したことをイリノイ警察が認めている。

 この数時間後、チャンスはカニエ・ウェストとコメディアンのデイヴ・シャペルにランチをご馳走になったことを報告した。この席で何が話されたかまでは明らかにしなかったが、カニエが公の場に姿を見せたのは数か月ぶりだ。


◎配信された映像
https://youtu.be/iZFWRi3npiA

◎チャンス・ザ・ラッパーによる投稿
https://www.instagram.com/p/BZ_3kuFF7cU/