Billboardによるハッカソン、NTT西日本をインタビュー「今までの音楽の楽しみ方を大きく変えることができるのでは」

写真拡大

 エンタテインメント体験の拡張をテーマに開催されるCip協議会とBillboardによる【Live Hackasong】。2回目となる今年は、エンタテインメント体験の拡張をテーマに、NTT西日本、ネストビジュアル、レコチョク、1→10(ワン・トゥー・テン)の4社が参加する。

 NTT西日本が提供するのは、“MPEG4-ALS技術”を活用したハイレゾ音源のプラットフォームだ。スポーツであれば靴の擦れる音、ライブであれば歌手の息遣いまで再現することができ、ライブ会場から離れた場所でも、同じ臨場感を伝えることができる。

 NTT西日本ビジネスデザイン部 永谷義行氏は、「この技術は今までの音楽の楽しみ方を大きく変えることができるのでは」とコメント。2018年春に実用化を予定しており、「今回のハッカソンで様々な知見が集まればと」と期待を寄せた。Billboard JAPAN.comの特集ページ(http://www.billboard-japan.com/special/detail/2095)では同社のインタビュー全文を掲載中。


◎実施概要【Live Hackasong】
アイディアソン
2017年11月11日(土) 10:00〜12:00
ビルボードライブ東京
ハッカソン2017年12月10日(日) 10:00〜18:00 
慶應義塾大学三田キャンパス内g-sec
最終発表&表彰式
2018年1月30日(火) 
ビルボードライブ東京
http://www.billboard-japan.com/hack2017