日本橋で「フラワーズバイネイキッド2018ロンド」デジタルアートで楽しむ、日本一早いお花見

写真拡大

「フラワーズバイネイキッド2018ロンド(FLOWERS by NAKED 2018輪舞曲)」が、2018年1月23日(火)から2月26日(月)まで、東京・日本橋三井ホールにて開催される。

花をモチーフにした体験型デジタルアート展

「フラワーズバイネイキッド」は、クリエイティブカンパニーのネイキッド(NAKED Inc.)が手掛ける、花をモチーフにした体験型デジタルアート展。2016年の1月から2月にかけて計70,000人超を動員した「フラワーズバイネイキッド 秘密の花園」、同年7月にテーマを変えて開催された「フラワーズバイネイキッド 魅惑の楽園」、「立春」をテーマにした「フラワーズバイネイキッド(FLOWERS by NAKED) 2017 -立春-」と、これまでに通算25万人を動員している人気のアートイベントだ。

2018年は“花と舞と音楽”を楽しむ宴をテーマに

2018年の「FLOWERS by NAKED」のテーマは、春の訪れと共に花と舞と音楽を楽しむ宴をイメージした「輪舞曲(ロンド)」。クラシック音楽、パフォーマンスアートなど、様々な分野で活躍するアーティスト達とのコラボレーションと共に、デジタルお花見体験を提案する。前年までの鑑賞中心の会場構成から一新し、まるで幻想的な花の世界に迷い込んでしまったと感じるような"体験型"のコンテンツに特化した。

200本の竹と光が生み出すトンネル

メインコンテンツの一つとして、日本三大流派の一つであるいけばな草月流・第四代家元 勅使河原 茜とネイキッドのコラボレーション作品が、「眠りの世界」エリアにて発表される。約200本の竹により創り出された荘厳なトンネルとそれを彩る光が生み出す結界をくぐり抜けると、植物の種の中に入ったようなミクロの世界が現れる。

花畑で遊ぶような体験型コンテンツ

会場内には来場者が参加して成立する10の体験型コンテンツが用意されている。その主な展開エリアが「ランバン オン ブルー(LANVIN en Bleu)」の2018春夏コレクションで使用されている花柄とコラボレーションした「花畑」エリアだ。ここには6つの仕掛けが登場し、人が動くことによってプロジェクションマッピングのアニメーションが変化していく。

巨大なタンポポのオブジェに息を吹きかけると、タンポポの綿毛や花びらが舞いあがったり、蓮の葉の下に立つと雨や虹、雷などの自然現象が巻き起こったりするといった仕組みだ。壁の穴は指を入れるとタンポポの綿毛が飛び出したり、覗くとカエルが眠っていたりとユニークな演出が盛り込まれているので、全ての穴をまわって比べてみては。

またここで活躍するのが、エントランス付近に設置された鮮やかな生花が立ち並ぶ「花図鑑(GARDEMN)」エリアで撮影し、プリントした特別な写真。ゆらゆらと揺れる真っ白な花々のオブジェにこの写真をかざすと、花が自分に近寄ってきたり、その写真に写っている花の色に染まったりする。他のコンテンツでもプロジェクションマッピングを変化させる鍵となるこの特別な写真は、先着5万名まで無料で撮影することが可能だ。

オリジナルドリンクやフード

「桜彩」エリアでは、フードやドリンクを提供。代々木上原の人気レストラン「ナインストーリーズ(9STORIES)」監修の「桜のサングリア」や、「桜のティーソーダ」、日本酒などが用意され、お花見らしく愉しいひと時を過ごすことができる。

NY発のペイストリーショップ「ドミニク アンセル ベーカリー(DOMINIQUE ANSEL BAKERY)」とコラボレーションしたのは、「花咲く抹茶ラテ」。マシュマロでできた桜のつぼみを温かいドリンクにのせると、ふわりと花開く。自家製の抹茶ガナッシュをミルクで溶かした濃厚なラテは、時間がたつにつれて桜色のマシュマロが溶け出し、まろやかな味わいに。最後は中心にある丸い柚子のボンボンが溶けて、爽やかな香りを楽しむことができる。

「Full Bloom(ハーブのレモネード)」は、「花畑」エリアをモチーフにしたオリジナルドリンクだ。ブルーマロウの花で作られたハーブティー「マロウブルー」を凍らせた青い氷にレモネードを注ぐと、ピンク色になって溶け出すサプライズ。見た目だけでなく、レモンからハーブへと変化する風味も楽しむことができる。

ダンスやヴァイオリン演奏によるステージ

来場者がフードやドリンクを楽しんでいると、春の神を象徴する白い龍が床から姿を現す。20分に1度の特別演出が始まる合図だ。美しい桜が咲き誇る空間をバックに、春の精霊に扮したダンサーの舞と、ヴァイオリニストの演奏が春の訪れを表現する。

またこの特別なステージは「花畑」エリアでも披露され、冬の世界が春の訪れを迎え、花々が育って一斉に散っていく様子を描いたプロジェクションマッピングと共に、優雅なダンスと音楽を堪能することができる。

フラワーモチーフのグッズや花摘み体験も

イベントを楽しんだあとは、花をモチーフにしたグッズが並ぶショッピングエリアに足を運んでみてほしい。

会場で実際に使われているアイテムを買うことができるのもユニークだ。例えばバーカウンターに飾られている、ヒッカ(hikka)とコラボレーションした花のインテリア「ハーバリウム」などがあげられる。「ハーバリウム」は生花を特殊な保存液と共にガラス瓶に閉じ込めたもので、約1年〜3年に渡って鮮やかな花を楽しめる。まるで宝石のように輝く作品は、「花畑」エリアをテーマにしたビビッドな配色のものや、「桜彩」エリアをテーマにした淡いピンクの作品などバリーエーションも豊富に取り揃えられている。

会場の出口付近にある、実験室のシャーレから香るアロマも販売。ラベンダーにイランイランなどを合わせたフローラルハーブの香りや、グレープフルーツやジャスミンなどで柔らかな日差しの中花びらが舞う様子を表現した香りのオイルなどが展開される。

またショッピングエリアにも参加型のコンテンツ、「花摘み体験」コーナーが登場。ガーベラやカーネーションなど色鮮やかな生花が立ち並ぶ花畑から、自分の好きなものを摘み取ることができる。摘んだ花は束ねてクリアバッグに入れてくれるので、持ち帰って家で飾ることも可能だ。

その他にも「文明堂 日本橋本店」とコラボレーションした特別仕立てのカステラや、「浅草 飴細工 アメシン」とタッグを組んだオリジナルうちわ飴などのフードも充実。ドライフラワーを閉じ込めたアクセサリーや、スマートフォンケースなども並べられている。

女性限定 一晩限りの「日本一早いお花見女子会」開催

また、女性に嬉しい朗報も。会期中の2018年1月25日(木)には、女性限定のお花見イベント「日本一早いお花見女子会」が、一晩限り特別に開催される。

会場では、来場者にフリードリンクが提供され、八海山「麹だけでつくったあまさけ」や「米焼酎あまさけ割り」を各1杯ずつ楽しむことができる。なお、ドレスコードは、花柄のワンピースや桜色のボトムスなど、"お花見"をイメージした服装が指定されている。館内の美しいフラワーアートの中で、一足早く春を味わえそうだ。また、特設コーナーでは、着物の着付け体験やヘアアレンジメントのサービスを提供する。

開催概要

「フワラーズバイネイキッド 2018 ロンド(FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲)」
会期:2018年1月23日(火)〜2018年2月26日(月)
時間:10:00〜20:00 ※会期中無休 ※入場は閉場の30分前まで
場所:日本橋三井ホール COREDO 室町1 5F(エントランスは4F)
入場料:
<前売券>
販売期間:2017年11月1日(水)〜2018年1月22日(月)
価格:大人 1,200円 /小人(小・中学生)700円
<前売限定マスキングテープ付きチケット>
販売期間:2017年11月1日(水)〜2018年1月22日(月)
価格:1,600円 ※限定デザインのマスキングテープが1つ付属

■関連情報
「日本一早いお花見女子会」開催概要
日時:2018年1月25日(木)20:00〜21:30(19:00受付スタート)
※19:00から体験ブース整理券配布。受付後、イベント開始前に会場内鑑賞が可能。「着物の着付け体験」ブースのみ19:00から体験可能。
場所:日本橋三井ホール COREDO 室町1 5F(エントランスは4F)
ドレスコード:「お花見」をモチーフとした服装(例:花柄のワンピース、桜色のスカートなど。カジュアルでも可。)
・チケット詳細情報:3,200円(ローソンチケット限定) ※19:00より会場内チケットカウンターで当日券の販売有り。
イベント特設ブース:
・特典のてぬぐいを使ったヘアアレンジブース ※20:00〜21:15
・お花見の着物着付け体験ブース ※19:00〜21:00
※上記のいずれかを先着限定で受付。 ※本イベントの来場は「女性限定」


[写真付きで読む]日本橋で「フラワーズバイネイキッド2018ロンド」デジタルアートで楽しむ、日本一早いお花見

外部サイト

  • 名古屋港イルミネーション開催、ネイキッドによる"万華鏡"モチーフのプロジェクションマッピング
  • アクアパーク品川のクリスマス「スターアクアリウム バイ ネイキッド」昼夜異なるドルフィンショー
  • 秋元梢と巡る”アートの街”清澄白河、まちぐるみプロジェクト「MOTサテライト」でお気に入りアート探し