テロ事件が起きたマルセイユ・サンシャルル駅 夜は北アフリカ系の若者たちがたむろしていた(写真:筆者撮影)

ラスベガスで多数の死傷者を生んだ銃撃事件の凄惨(せいさん)さに隠れて、日本ではあまり報道されなかった事件がある。それは、日本からの観光客も少なくない、フランス南部のリゾート地・マルセイユで20代の女性2人が刺殺されたテロ事件だ。

主要駅であるマルセイユ・サンシャルル駅で、今月1日午後1時45分(日本時間同8時45分)ごろ、刃物を持った男が居合わせた人々を次々に襲撃し、いとこ同士の20歳と21歳のフランス人女性2人が死亡した。犯行時、男は「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたといい、過激派組織「イスラム国(IS)」が系列のニュースサイトを通じて犯行声明を出した。現在、フランス当局はテロ事件として捜査を始めている。

地中海とブイヤベースの港町が今


マルセイユ近郊のカシという美しいビーチには世界中から休暇を楽しむ観光客が訪れる(写真:筆者撮影)

コート・ダジュール地方に位置する港湾都市・マルセイユといえば、思い浮かべるのは、エメラルドグリーンに輝く地中海と、その豊富な海の恵みをコトコトと豪快に煮込んだ名物ブイヤベースだろうか。実はマルセイユには別の顔がある。人口85万人とフランス第2の都市であるマルセイユは、3割以上がイスラム教徒で、フランス最大の移民の街なのだ。

この夏、マルセイユを別の取材で訪れた際、真っ先に感じることになったのは、北アフリカ系移民の多さである。そもそもマルセイユは「北アフリカの玄関口」とも呼ばれ、春には北アフリカの砂漠から「シロッコ」と呼ばれる砂混じりの風が吹く。

1950年代から労働力として北アフリカなどからの移民を受け入れてきたこともあり、街中を歩いてもモロッコやチュニジア、アルジェリア系のイスラム教徒を数多く見掛ける。本場のクスクスなどが味わえる店や、エスニックな店も立ち並び、異国情緒あふれる雰囲気が漂う。親の世代にチュニジアから移住して、母国の料理を振る舞う小さなレストランを開いたという男性は「チュニジアには行ったことがない、ここフランスが僕の故郷さ。アフリカからの仲間も多いから商売も繁盛しているよ」と誇らしげに話した。


地中海の太陽が燦々(さんさん)と降り注ぐマルセイユ。(左)豊かな海の恵みをコトコトと煮込んだ名物ブイヤベース(右)(写真:筆者撮影)

しかし、この北アフリカ系移民の2世や3世の若者の一部がフランス社会に溶け込めず、暴動を起こして住民と衝突するなど、近年、治安の悪化も問題となっている。テロ事件の起きたサンシャルル駅に夜中通りかかったときも、地べたに座り込んでたむろしたり、真夜中に大音量でスピーカーを鳴らして奇声を発しながらスケボーをしたりする移民の若者の姿が目立った。

過去にもテロ未遂事件などが多発


マルセイユ中心部にもイスラム教徒が集うコミュニティがある(写真:筆者撮影)

実は、マルセイユで今回のテロ事件のような騒動が起きたのは初めてではない。このような事件が起きる予兆は、これまで度重なり起きていた。今年4月には、フランス大統領選の第1回投票が迫る中、候補者らを標的にテロを計画したとして、フランス国籍の男2人が拘束された。

家宅捜索では、ISの旗や大量の銃や弾薬が見つかった。麻薬取引などで服役し、刑務所で過激なイスラム思想に影響されたとみられる。また、ISへの忠誠を誓うビデオを制作していたことがわかり、IS側と連絡を取ろうとした形跡があるという。


市内のチュニジア食材店で買い物をするイスラム教徒の女性(写真:筆者撮影)

また、昨年11月、同時多発テロを計画した疑いがあるとして、イスラム過激派とみられる容疑者7人が拘束された事案では、うち数人がマルセイユで捕まっている。

そのメンバーは、フランス、モロッコ、アフガニスタン国籍の男らで、IS戦闘員から暗号処理された携帯電話のメッセージを頻繁に受け取っていたとみられている。

関係先からは銃などが押収され、一部メディアではシャンゼリゼ通りやディズニーランド・パリも標的だった可能性があると報じられた。

さらには、2015年11月にも、マルセイユの地下鉄駅の出口でベールを着用したイスラム教徒の女性が殴られて刺される事件が起きたほか、同じ日には、ISのロゴが描かれたTシャツを着た男ら3人がユダヤ人学校の教師を刃物で襲撃し、負傷させる事件が起きた。

同じく2015年11月に発生したパリ同時多発テロの実行犯のサラ・アブデスラム容疑者も、マルセイユの港でテロを起こす計画を練っていた。イスラム過激派の温床となるネットワークをマルセイユの地に持っていたのではないかと指摘されている。まさに挙げればきりがないほど、テロや未遂事件が発生するなど、治安の悪化も進んでおり、不安の念を募らせる住民も増えている。

ドラッグの密売が盛んに

実は、筆者がマルセイユ市内に宿泊した際、暑かったので窓を開けて寝ていたら深夜3時ごろに何やら外が騒々しい。様子をうかがうと、2人の男性が狭い路上に大きな車を止めて、トランクからスーツケースを2つ出していた。

それを、雑居ビルのような古びたアパートの入り口で、住人と思しき男性に渡して再び車に戻っていった。とりわけ楽しげに会話を交わした様子もなく、極めて事務的な手渡しで終わったその一部始終にわずかな疑問が残り、翌日宿のオーナーに聞いてみると、ビクッとする答えが返ってきた。「このあたりはドラッグの売買が盛んなんだよ。白昼堂々とやるケースなんかもあるらしい。治安はだいぶ悪くなってきたね」

目撃した深夜の出来事は単に、何かの事情で大きな荷物を預けただけなのかもしれない。それに、夜間に市内を歩いた際、ほかのフランスの街に比べてもたむろする若者や物乞いする路上生活者の多さなど極めて治安の悪い様子を見てきたからか、必要以上に警戒心が湧いていただけかもしれない。


街中には北アフリカ系の移民の姿が目立つ(写真:筆者撮影)

だが、そのオーナーの言葉が気になってインターネットで調べてみた。すると、マルセイユでは近年ドラッグ中毒者が増え、密売も行われているとの記事をいくつも見つけた。

帰国後数カ月してから、日本の報道番組でもマルセイユでまさにドラッグの密売人らがたむろしている現場を押さえた緊迫の映像が放映されていた。番組内でもマルセイユ市民が、ドラッグ密売が増えていると証言。とあるマルセイユで生まれ育った一家はそうした治安の悪化が原因で、移民との間に溝ができていると話していた。

事前にスリなどの犯罪が多いとは聞いていたが、ブイヤベースと麗しきコート・ダジュールの港町マルセイユのイメージが少なからず変わっていったのも事実だ。

“過激派の温床”との指摘も


穏やかな日差しのもとおしゃべりを楽しむイスラム教徒の女性たち(写真:筆者撮影)

もともとマルセイユは、失業率もほかのエリアに比べて高く「移民により若者の職が奪われている」との意識も根強い。その住民意識を巧みに利用し、マリーヌ・ルペン党首率いる極右政党・国民戦線(FN)が勢力を伸ばしてきたのも、この南仏エリアの特徴と言える。イスラム系移民の増加とともにモスクも増え続け、祈る場所が不足したことから路上で祈りを捧げる姿も問題となっている。

イスラムの過激思想に染まり、ISの支配地域に渡航していった移民の若者の存在も指摘され、フランスにおける“過激派の温床”と指摘されることも少なくない。エマニュエル・マクロン首相はこうした事態に、不法移民の帰国させる措置を強化し、警察官を1万人増員させるなど治安悪化を食い止める策に乗り出している。


バス停に並んでいたのはみな北アフリカ出身のイスラム教徒だった(写真:筆者撮影)

大半のイスラム系移民は、チュニジア料理店の男性のように、生まれ育ったフランスの地で穏やかに暮らしていきたいと思っているはずだ。彼の店では、アフリカ系の移民だけでなく、地元のフランス人もおいしそうにクスクスなどの異国情緒あふれる味を楽しんでいた。

だが、一部では自分たちの置かれた境遇、貧困や差別などから鬱憤をためていく若者が少なからずいるのも現実だ。治安の悪化から、住民との間に簡単にはぬぐいきれない軋轢が生まれ、それがさらに双方の間の壁を高くするという悪循環が生まれる。一部の過激思想に走る若者の存在が、今、社会の分断を招く構造が欧州全体で広がりつつある。