メッシ、C・ロナウドらがW杯出場を逃したら… FIFAは「数百億円の損失」と英紙予測

写真拡大

ウェールズ代表FWベイルの予選敗退は決定 “二大スター”も崖っぷちの危機

 ロシア・ワールドカップ(W杯)予選では強豪国が予選敗退の危機に直面しているが、仮にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらスーパースターが不在となれば、FIFA(国際サッカー連盟)は数百億円単位の損失を被ることになるかもしれないと、英紙「デイリー・スター」が報じている。

 南米予選ではメッシら豊富なタレントを擁し、前回大会の準優勝国でもあるアルゼンチンが出場圏外の6位に転落。最終戦は勝利が絶対条件と、崖っぷちに立たされている。欧州ではEURO王者のポルトガルがプレーオフに回る可能性があるほか、レアル・マドリードのFWギャレス・ベイルを擁するウェールズは9日の予選最終節でアイルランドに0-1で敗れてD組3位となり、無念の敗退となった。

 仮にロナウドやメッシもW杯に出場できないとなると、主催者であるFIFAにとっては大打撃となるようだ。英国のブランドコンサルタントであるマルセル・ノビル氏も、大会のブランド力低下につながると危惧している。

「映画が大繁盛するためにはビッグネームが必要だ。それはフットボールでも同じことだろう。不安になる理由が分かるだろう。スターが価値を加えることは否定できない。ビッグネームが不在となれば、ブランド面で大きなペナルティーを受けることになる。FIFAは数億ポンド(数百億円)の損失を出すことになるだろう」

 誰もが知っているようなスター選手が不在となれば、チケットの売上やテレビ観戦する人の数にも大きな影響を及ぼすことになると予測されている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images