画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーは10月10日、サウンドバータイプのワイヤレスホームシアターシステム「HT-ST5000」を発表した。最新の立体音響フォーマットであるDolby Atmos(ドルビーアトモス)、DTS:X(ディーティーエス・エックス)の両方に1台で対応する、ソニーの新しいホームシアターシステムのフラグシップモデルだ。11月18日に発売し、価格はオープンだが、16万円前後での販売が予想される。

本体は「1本棒」スタイルのサウンドバースピーカーと、デジタル伝送のワイヤレスサブウーファーによる2ピース構成。サウンドバーの左右両端には、家屋の天井に音を反射させて立体的な音場を作り出す「イネーブルドスピーカー」を内蔵している。部屋にAVアンプと複数のスピーカーを置かなくても、その環境に匹敵するリアルな立体サラウンド音響が、比較的設置スペースを抑えながら実現できるのが大きなメリットだ。

HT-ST5000のようなサラウンドシステムを家庭のシアター環境に導入する場合、機器同士をつなぐ方法は色々ある。最も効率がよいスタイルはホームシアターシステムを「ハブ」の代わりにして、HT-ST5000のHDMI入力端子にBDプレーヤーやゲーム機を接続、テレビにはHDMI出力から1本でつながる環境に整えるやり方だ。

この場合で気にしたいのは、ハブになるホームシアターシステムに、4K映像やサラウンド音声といった大容量のコンテンツデータを間引かずに入出力できる「パススルー出力」機能が搭載されていることだ。今回のHT-ST5000は「4K/HDRパススルー」の機能に対応しているので、例えばUltra HD Blu-rayディスクの再生に対応するプレーヤーと、4K/HDR対応の薄型テレビの間に接続しても、4K/HDRの高精細な映像を劣化させることなく伝送できるのだ。なお、HDR映像には「HDR10」と「Dolby Vision」というふたつの方式が存在するが、HT-ST5000はその両方をパススルー出力できる。

ロスレス(非圧縮)のサラウンド音声を収録するDolby TrueHDや、DTS-HD Master Audioのサラウンド再生にも抜かりなく対応している。通常のサラウンド音源コンテンツに、高さ方向の音源を擬似的に加えて立体感を作り出すアップミックス再生も可能だ。

○高品質・高密度なサウンドを届けるスピーカー構成

HT-ST5000のサウンドバースピーカーは、本体には複数のユニットを横一列に並べた7.1.2ch構成のアレイスピーカーを持つ。同軸スピーカーが、点音源と広がりのある音場感をともに再現する。すべてのスピーカーユニットが独立したバイアンプ駆動で動かせるので、チャンネル同士のクロストークノイズを低減したS/Nの高いサウンドが特徴だ。また、独立駆動とタイムアライメントプロセッサーによる技術で、同軸スピーカーの位相ずれも回避している。

バーチャルサラウンド機能の「S-Force PRO」や、波面制御技術によるリアリティ溢れるサラウンドにも注目したい。ワイヤレスサブウーファーにはシグマ磁気回路を乗せて、歪みのないパワフルな低域を再生する。Bluetoothによるワイヤレス再生は、ハイレゾ相当の高音質が楽しめるLDACのコーデックをサポートした。

内部にも、高音質パーツを厳選。ソニーが独自に開発した高音質ハンダや抵抗器を搭載して、筐体の中は単体のAVアンプに近いほどゴージャスなパーツ設計とした。スピーカー本体のエンクロージャーはアルミ素材だが、両サイドのイネーブルドスピーカー部分のエンクロージャーは、色彩とデザインのテイストを合わせたモールド素材になる。マグネットグリルは着脱が可能だ。バースピーカーの背面・底部には「切り込み」を入れ、BRAVIA Z9シリーズなどのテレビスタンドと組み合わせた時に、置き場所を取らないよう工夫を凝らした。

HT-ST5000はChromecast Built-inの機能を搭載しているので、Google Homeスピーカーを使った音声コマンド操作や、マルチルーム環境で音楽ストリーミングを受けて再生ができるようになる可能性もある。そして、Spotify Connectも対応しているので、スマホのアプリで聴きたい楽曲を選択するだけで、インターネットに接続されているHT-ST5000が音楽ストリーミングを直接受けて再生できる。

最新の立体音響と4K/HDRのパススルー出力にも貪欲に対応したHT-ST5000は、最先端の大画面・4K有機ELテレビにも相性抜群のホームシアターシステムだといえる。