マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロ【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに今冬での移籍の可能性が浮上しているようだ。英紙『サン』が報じている。

 記事では、アグエロとシティで指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督との間で確執が生じていると伝えている。またミランがアグエロ獲得に興味を持っているとも報じている。

 今夏ミランはFWアルバロ・モラタやFWピエール=エメリク・オーバメヤンといった大物ストライカーの獲得を目指していたものの失敗に終わっていた。

 なお同紙ではミランがシティに対し9000万ユーロ(約117億円)を支払う準備があるとしているが29歳のストライカーが移籍をするかは懐疑的だとしている。その理由として、レアル・マドリーやパリ・サンジェルマン(PSG)、チェルシーやアーセナルといったビッグクラブもアグエロの動向に注目しており必ずしもミラン移籍が魅力的に映るとは限らないとしている。

 今季公式戦8試合に出場し7ゴール3アシストと好調なスタートを切ったアグエロ。先月9日にはヨーロッパ圏外選手のプレミアリーグ最多得点記録を更新するなどストライカーとして円熟期に入っている。そんな29歳のストライカーの今冬でのサプライズ移籍は起こるのだろうか。

text by 編集部