『Magic: The Gathering』新ブランドロゴ

写真拡大 (全4枚)

世界最大のトレーディングカードゲーム『Magic: The Gathering』のブランドロゴが2018年4月より発売される新セット「ドミナリア」の発売に合わせ、変更されることが分かった。

【『Magic: The Gathering』ロゴが刷新 TCGの枠を越えたブランドへの画像・動画をすべて見る】

これまで3度に渡って、色や細部などのマイナーチェンジを行ってきた『Magic: The Gathering』のブランドロゴだが、これまでのファンタジックな雰囲気を刷新し、新たなデザインに仕上がっている。

あらゆるエンターテインメントを象徴するためのロゴデザイン


ブランドロゴの変更について、『Magic: The Gathering』公式サイトでは、「新たな旗のもとで(原題:Raising a New Banner)」という記事で発表。

『Magic: The Gathering』がこれまで25年間の歴史で辿ってきた遍歴に触れながら、「卓上カードゲームとしてだけでなく、デジタル・ゲーム、アプリ、物語、ファッション、ライフスタイル、アニメーション、実写映画など、将来にわたってあらゆるエンターテインメントを象徴するものであって欲しい」という願いを込めたロゴになっているという。

1993年〜1999年


1999年〜2015年


2015年〜2018年



従来のデザインは、剣と魔法の世界を連想させる、ファンタジー色の濃い意匠だったが、より現代的なデザインへと変更されており、メディアミックスとの親和性やe-Sportsのような昨今のゲームの状況や競技性を連想させるものに見える。

また、新たなロゴの発表にあわせ、開発中のデジタル・トレーディングカードゲーム『Magic: The Gathering Arena』のロゴも掲載されており、ブランドの統一がわかる。

新セット「ドミナリア」の存在が示すもの


2018年4月発売の「ドミナリア」から、すべての『Magic: The Gathering』製品とプロモーションで新たなロゴが使用されるようになる。

「ドミナリア」は、かつての『Magic: The Gathering』における、背景物語の中心的な舞台となった次元の名前であり、思い入れの強いプレイヤーも多い。

今回のブランドロゴ変更で刷新される『Magic: The Gathering』とイメージと、原点回帰ともいえる「ドミナリア」再訪は今後どのようにゲームや世界観に影響を与えていくのか、期待したい。

画像はすべて「Raising a New Banner | MAGIC: THE GATHERING」より