スティーヴ・ハウ、急逝した息子と制作したアルバムを発表

写真拡大

イエスのギタリスト、スティーヴ・ハウが、先月41歳で亡くなった次男ヴァージル(リトル・バーリーのドラマー)と制作したアルバム『Nexus』を、来月リリースする。

◆スティーヴ&ヴァージル・ハウ画像

アルバムは、イエスがツアーを開始する前に完成していたそうだ。ハウは、「この音楽が(ヴァージルの)人生とレガシーを賛辞するのに相応しい存在となってくれることを願っている」と、コメントしている。

「僕らは2016年、ピアノをベースとした、彼が“貯め込んでいた”音楽から9曲選ぶことで共作を始めた。僕がそれらにギターを加え、ヴァージルに聴かせたところ、彼はこれまで聴いたことがないようなアレンジを持ち出し、僕を驚かせた」「『Nexus』では、ソングライター、キーボード・プレイヤーとしてのヴァージルの全く別の才能を堪能できる」

アルバムでは、父がアコースティック/エレクトリック/スティール・ギターを、息子がベース、ドラム、キーボードをプレイしているそうだ。

「Nexus」「Hidden Planet」「Leaving Aurura」「Nick’s Star」「Night Hawk」「Moon Rising」「Passing Titan」「Dawn Mission」「Astral Plane」「Infinite Space」「Freefall」の11曲を収録し、11月17日にInsideOutMusicレーベルからリリースされる。

Ako Suzuki