池上彰と有働由美子アナが初共演、世界のプリンセスを徹底解説

写真拡大

池上彰と有働由美子アナウンサー が、10月11日(水)19時30分から放送の『世界プリンセス物語 愛される理由とは』(NHK総合)で初共演することがわかった。池上は、知っているようで知らないヨーロッパの文化や社会、そして王室をわかりやすく解説する。

イギリスのキャサリン妃を始め、今、女優のように美しくて魅力的な世界のプリンセスたちが大人気。多くは民間出身で、独身時代は銀行やテレビ局などに勤めるキャリアウーマンだった。中には、オリンピック選手だったという経歴の持ち主も。彼女たちは、民間出身だけに、数々のハードルを乗り越え、王室に入った。それはドラマ顔負けのラブストーリーという。

そして、国民からも愛されている。その、「愛される理由」は多くの女性達の参考になるのでは? そして、あのグレース・ケリーの美貌にも並ぶと言われる美しい公妃、モナコのシャルレーヌ妃の独占インタビューも実現。果たして何が語られたのか?

この日は、ほかにもミッツ・マングローブ、小芝風花が出演。そして、パックンが有働とともに司会を担当する。