ハイチ戦でスタメンが予想される乾貴士(写真右)と浅野拓磨(写真左)【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

スタメンが確実視される乾と浅野。タイプ的には“非対称”

 10日、キリンチャレンジカップ2017でハイチ代表との一戦を迎える日本代表。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は6日に行われたニュージーランド戦から大幅な先発変更を示唆したが、サイドのアタッカーの位置には乾貴士、浅野拓磨が入ることが有力視されている。タイプの異なる2選手が両サイドに配置されることで、ハリルジャパンの新たな型が見えるかもしれない。(取材・文:河治良幸)

----------

 ロシアW杯への“第三段階”のスタートとなる10月シリーズの2試合目となるハイチ戦。ここ半年間で選手が大幅に入れ替わり、監督も交代するなど未知数な部分の多いチームとの対戦だが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はニュージーランド戦と違うスタメンを送り出すことを明言した。

 スタメンが確実視される選手に乾貴士と浅野拓磨がおり、彼らは[4-3-3](4-1-2-3)あるいは[4-2-3-1]で左右のサイドに入ることになる。タイプ的に“非対称”と表現できる関係だ。

 左サイドは原口元気、武藤嘉紀、乾貴士の競争となっているが、それぞれタイプが異なる。もっとも原口と武藤は縦を狙う意識が非常に強い点は共通する。

 乾は技巧的なドリブルやタイミングの良い飛び出しで縦やゴール方向を狙うこともできるが、足下で受けてタメを作りながら、周りを使うプレースタイルを確立しつつある。

 乾は代表におけるサイドハーフやウィングの役割について「得点を取ったり、裏に抜けるというところが一番求められている」と前置きしながらこう語っていた。

「自分が左で出ていたら右サイドは(浅野)拓磨か(久保)裕也か、違いがあるので、その選手の特徴を生かしたり、FWの選手の特徴を生かしたりとか、サイドバックの選手のいいところを出していくというのはやっていかないといけないと思います」

 ニュージーランド戦を前にそう語っていた乾は70分に武藤との交代でピッチに立つと、左サイドでボールを受けては縦のドリブルと見せかけて中に切り込み、中と見せかけて縦を狙い、さらにインサイドハーフの井手口陽介や左サイドバックの長友佑都、左に流れてきた小林祐希ともパスを交換しながら、引き気味になったニュージーランドの守備を翻弄した。

 左足のクロスでファーサイドを駆け上がる酒井宏樹のヘッドでのリターンを引き出し、倉田秋の決勝点をお膳立てしたプレーも一度サイドチェンジを入れて、そこから酒井宏樹、長友を経由して戻ってきた状況で空いた縦を突いた形だった。

 そうしたプレーは“ザックジャパン”で左サイドを担っていた当時の香川真司に重なる。乾はより自由度が高いように感じられるが、縦を狙う基本的なチームの志向を理解しながら、柔軟にタメを作り、周りを使うプレーでアクセントをもたらしているのだ。

乾起用で組み立ては左サイド中心か。その効果をさらに引き出せるのが浅野

 左サイドで乾とコンビを組んだ長友佑都はチームの狙いが高い位置でボールを奪ってのショートカウンターであることを認めながら、相手に引かれた、日本がボールを持つ側に回る場合はハリルホジッチ監督の指示による変化などよりも、乾を起用することが解決のカギになる可能性を指摘していた。少々極端な表現をするならば“乾が1つの戦術”とも言える。

 さらに中盤に小林祐希のようなディフェンスの間に顔を出してボールを捌ける選手がいれば、乾の特性はさらに鮮明になる。ハイチ戦では左サイドバックは長友ではなく車屋紳太郎が起用されるかもしれない。

 その場合はやや未知数な組み合わせとなるが、車屋も川崎で多彩なパスワークから高い位置でボールを受け、前の選手を追い越してのクロスやラストパスを得意とする。チームとして成熟度がそれほど高くないハイチに対し、いきなり高い機能性を発揮するかもしれない。

 左サイドに乾を起用するということは中盤からの組み立てが左サイドに偏ることを意味する。“ハリルジャパン”においてはどちらかと言えば本田圭佑が主力をつとめてきた右サイドが中心だった。久保裕也と原口の組み合わせであればイーブンに近くなるが、乾がスタートから左サイドに入ることでバランスに大きな変化が生じるのだ。

 その効果をさらに引き出せる存在が、ハイチ戦で右サイドのスタメンが予想される浅野だ。オフ・ザ・ボールで右サイドから斜めに飛び出し、ペナルティエリア内やゴール前のニアゾーンで合わせるか、受けてフィニッシュに持ち込むタイプの高速アタッカーだ。

 ニュージーランド戦でも浅野は投入された78分から縦に推進力のある走りを見せたが、一緒にプレーした乾からのラストパスを受けてシュートまで持ち込むシーンを作り出せなかった。

システムを変えずとも、選手の入れ替えで変わる機能性

「明日ピッチに立ったらゴールのところは意識したいと思いますし、自分の強みである前への推進力というのは前回の試合以上に求めていきたい」

 そう語る浅野は乾や小林によるコンビネーションに「自分が無理にそこに加わる必要は無い」と語り、その分も縦やゴール方向への飛び出し、ボールを持ったら縦に推進力を出すことに集中する心構えを示す。

 つまり浅野が意識するのは近い距離感でコンビネーションそのものに参加するよりも、タイミングよくパスを引き出すこと。まさに“ザックジャパン”で右サイドの岡崎慎司がやっていたプレーだ。

「前の試合でも正直、自分の中で走るタイミングはありましたし、そこで出し手と自分のタイミングを合わせていければもっともっと良くなると思うので、そこのタイミングで出せるのに自分が走っていないということだけないようにしていかないと。

 自分が走ってボールが出て来ないのは仕方ないですけど、出し手が出せる準備をしていて自分が走ってないということだけは絶対に無いように準備しておきたい」

 そのためにはもちろん前線の中央に張るFWとの関係も大事になる。おそらくニュージーランド戦で浅野と同じく途中出場した杉本健勇がハイチ戦ではスタメンのチャンスを与えられるはず。

 となると中央の杉本と右の浅野は変速の2トップとも言える。ハリルホジッチ監督は今後2トップをオーガナイズの1つとして採用することを示唆したが、[4-3-3]や[4-2-3-1]でも起用する選手の特徴や配置によってメカニズムは変化する。

 その意味で左に乾、右に浅野という布陣が良い意味で非対称に機能すればタメと推進力を兼ね備えた“ハリルジャパン”における新しいソリューションが生まれるかもしれない。

(取材・文:河治良幸)

text by 河治良幸