米首都ワシントンの国務省で、握手を交わすロシアのセルゲイ・ラブロフ外相(左)とレックス・ティラーソン米国務長官(2017年5月10日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ロシアのセルゲイ・ラブロフ(Sergei Lavrov)外相は9日、米国のレックス・ティラーソン(Rex Tillerson)国務長官と電話会談を行い、同国が北朝鮮との緊張をあおって容認できないレベルにまで高めるような振る舞いをしていると警告した。

 ロシア外務省によると、ラブロフ氏は電話会談で、米軍が朝鮮半島で軍事的な準備を進めることは同地域での容認しがたい緊張の高まりを招くと強調し、外交手段のみによる解決を呼び掛けた。

 ミサイル発射や核実験を続ける北朝鮮に対し、米国は武力行使の可能性を排除しておらず、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は北朝鮮を「完全に破壊」するなどと公言している。
【翻訳編集】AFPBB News