“和製メッシ”の異名は「光栄」 インド紙がU-17W杯初戦で躍動した久保建英に熱視線

写真拡大

初戦のホンジュラス戦で1ゴールを含む3得点に絡む活躍

 インドで開幕したU-17ワールドカップ(W杯)に出場しているU-17日本代表は、8日にグループリーグ第1戦のホンジュラス戦に臨み6-1で大勝。

 FW久保建英(FC東京U-18)は初ゴールを含めて3得点に絡み、「和製メッシ」の異名に相応しい活躍を見せた。久保自身もバルセロナの天才リオネル・メッシとの比較を「光栄」と語ったという。インド紙「ザ・ヒンドゥー」が報じている。

 ホンジュラス戦に先発出場した久保は、前半22分に自らの突破で得た右CKのキッカーを務めると、鋭く曲がりながら落下するクロスを供給。これを中村敬斗(三菱養和SCユース)が頭で合わせて先制した。その8分後にも中村のゴールを演出した背番号7は、前半アディショナルタイムに魅せる。中村の浮き球パスから得意の左足を振り抜き、ニア上を打ち破るゴラッソを決めた。

 同年代のチーム相手に格の違いを見せつけた久保は、ハットトリックの中村とともに地元メディアから大きな注目を集めている。

「ケイト・ナカムラはハットトリックで注目を集めたが、タケフサ・クボのパフォーマンスも注目を避けることはできなかった。“ジャパニーズ・メッシ”の異名を持つクボは、マークされながらもゴールを決めた」

「メッシは世界でナンバーワンの選手」

 記事では“和製メッシ”の躍動ぶりを伝えるとともに、バルセロナのカンテラ(下部組織)で技術を磨いた久保自身も、偉大な先輩との比較を光栄に感じているとのコメントを紹介している。

「メッシは世界でナンバーワンの選手です。そして、彼の名前が与えられたことは、私にとっては光栄なことです。まだ僕は若いですし、将来的にどうなるのか分かりませんが」と久保が話したと伝えた。

 これまで世界で数え切れぬほどの“メッシ二世”が登場してきたが、久保はバルサ出身ということもあり、各国メディアで注目の存在となっている。U-17W杯で好発進を見せたチームとともにさらなる輝きを放てば、その実力は広く世界に知れ渡ることになりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images