【ソウル聯合ニュース】韓国・南部の釜山で12日に開かれる第22回釜山国際映画祭(BIFF)開幕式の司会者が女優のキム・ハヌルからガールズグループ少女時代のユナに変更された。映画祭事務局が10日発表した。

 キム・ハヌルは俳優のチャン・ドンゴンと共に司会を務める予定だったが、先ごろ妊娠が分かり、医師の忠告によりやむを得ず辞退した。

 映画祭は12日から21日まで、映画祭専用館「映画の殿堂」や釜山市内の映画館などで開かれる。75カ国・地域の298作品が招待される。