日本代表の原口元気。一時は負傷で全体練習を回避していたが、練習には復帰しており、ハイチ戦出場も期待される【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

「やっぱケガしちゃいけないなと改めて感じました」

 10日、日本代表はキリンチャレンジカップ2017でハイチ代表との一戦に臨む。この試合に向け復活にかける思いを強めているのが原口元気だ。日本代表6日のニュージーランド戦では左サイドのポジションで武藤、乾が印象的なパフォーマンスを披露したが、原口も自身の存在価値を改めて証明したいところだ。(取材・文:元川悦子)

----------

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「明日はこれまであまり出ていない選手をトライすることになる。いろいろな選手が入ると思う」と9日の前日会見で公言した通り、10日のハイチ戦(横浜)は4日前のニュージーランド戦(豊田)から大幅にメンバーが入れ替わると見られる。

 9月のサウジアラビア戦(ジェッダ)で初キャップを飾った杉本健勇(C大阪)は初めて先発起用に、前の試合でインパクトを残した乾貴士(エイバル)、倉田秋(G大阪)の2人も揃って頭からプレーする可能性が高そうだ。

 10月1日のバイエルン・ミュンヘン戦で今季初めて公式戦先発で出場し、0-2の局面から力強いドリブルでジェローム・ボアテング、ヨシュア・キミッヒ、マッツ・フンメルスのドイツ代表選手3人をかわして、オンドレイ・ドゥダの1点目をアシストした原口元気(ヘルタ)も代表での出場機会を渇望する1人。今回の10月2連戦は合流初日だった3日に左太もも裏の張りを訴え、全体練習を回避することになったが、ハイチ戦で復活に賭ける思いは強い。

「昨日(8日)から普通にやれてるんで、大丈夫。久しぶりにケガをして、フラストレーションがたまったけど、サッカーできるってやっぱいいなって感じ。やっぱケガしちゃいけないなと改めて感じました」と9日の非公開練習後、彼はしみじみ語っていた。

 左FWのスタメンは乾が有力だが、後半からは原口もプレー機会が与えられるはず。自身の存在価値を改めて証明したいところだ。

 2014年夏のヘルタ・ベルリン移籍後はケガらしいケガもなく、代表でも2018年ロシアワールドカップアジア最終予選突入後はコンスタントにプレーしていただけに、代表戦を90分間外から試合を見るのは珍しいとさえ言える経験だった。

移籍騒動もあり、クラブでの状況も混沌

 ニュージーランド戦では自身の定位置であった左FWに武藤嘉紀(マインツ)が先発。後半25分からは乾貴士(エイバル)がプレーし、倉田の決勝弾をお膳立てするいい仕事を見せた。

「ヨッチ(武藤)の動きを見ていて面白かった。より裏というか、サイドにいながらポストプレーに入るような位置にいたりとか。あれを俺がやるのかどうかって言ったら別だけど、またちょっと違うやり方を見たなと思った」と原口はマインツで1トップに君臨する武藤の一挙手一投足に大きな刺激を受けたという。

 8月31日の最終予選大一番・オーストラリア戦(埼玉)で先発した乾に関しても「もともと見ていて楽しい選手。技術で言ったらホントに叶わない領域にある」と敬意を払っている。それぞれのよさを貪欲に吸収しつつ、いかに自身のパフォーマンスにつなげていく。それが、目下の原口に課せられた重要テーマと言っていい。

 2016年の最終予選前半戦で4試合連続ゴールを決めた時点では、一気に左FWのエースに駆け上がったと思われたが、今年に入ってから再び状況は混沌としている。クラブでレギュラーに定着している武藤、乾とは異なり、移籍騒動に巻き込まれた余波もあって原口がヘルタで思うように出番を得られていないのが最大の要因と見られる。

 本人もオーストラリア戦の後、「もう(移籍市場が)閉まったので、ヘルタで勝ち切るしかない。今年結果を出さないと代表でも出れない。それがハリル監督の考え方なんで」と危機感を募らせた。

 その苦境から抜け出すきっかけをバイエルン戦でつかみかけた矢先のケガということで、原口も苛立ちを覚えただろうが、焦らず地道にやるしかない。ハイチ戦で復活への力強い一歩を踏み出すことが肝心なのだ。

「この前の試合を見ていたら、右の裕也(久保=ヘント)が開きすぎてて、ちょっとうまくいってなかった。もうちょい工夫が必要だという話は裕也ともしました。自分は左サイドだと思ってるから、右サイドが機能しないと左サイドにチャンスボールが回ってこない。チームとして機能させるためにいろいろ考えなきゃいけない部分があると思いますけどね」と彼は左右のサイド、あるいは長友佑都(インテル)らとのタテ関係など、周囲とのコンビネーションを見直すことで、1年前のゴールラッシュの再現を見せたいと目論んでいるという。

左サイドの選手ではハリル体制での実績トップ

 となると、今回まず考えなければならないのが、右で出場すると目される浅野拓磨(シュトゥットガルト)との関係性。浅野とは昨年9月のタイ戦(バンコク)などで一緒に先発出場しているが、この時は浅野が1トップ、原口が左という関係性だった。その後は1トップに大迫勇也(ケルン)、右に久保という構成がしばらく続いたため、浅野と左右のサイドに陣取った経験はあまりない。

「拓磨も裏が特徴だし、そこに遅れないような入り方をしないといけない。どちらかと言うと、ビルドアップに関与するって感じじゃないので、ちょっと自分との役割が違うのかな」と本人が分析するように、より左から攻撃を組み立てていくような形が求められそうだ。

 1トップも今回は日本代表経験の少ない杉本ということで、左サイドが積極的に起点を作っていく状況も求められるかもしれない。頭から出る乾はもちろんのこと、後半からピッチに立つ見通しの原口はよりそういう意識を強めながら、攻撃陣全体を動かしていく必要がある。

 最終予選終盤は悔しさを感じることが多かったが、左サイドの選手ではハリル体制での実績トップという事実は変わらない。そのアドバンテージを生かすか殺すかはここからの原口次第だ。

 ハイチ戦で第一に求められるのは得点に直結する仕事。その明確な結果で代表での地位を築いてきたこの男にはその重要性が誰よりもよく分かっているはずだ。そのうえで、ピーク時のパフォーマンスを安定して出せることを証明し、ヘルタで定位置を奪回すること。彼がロシアで輝きたいと思うなら、それを実行するしかない。

(取材・文:元川悦子)

text by 元川悦子