日本記者クラブの党首討論での1コマ。「小池旋風」が凪へと変わった今、安倍首相は「ごちそうさまです!」という気分かもしれない(写真:ロイター/アフロ)

小池百合子東京都知事が「希望の党」の結党を明らかにしたのは9月25日のこと。それから数日間にわたって吹き荒れた小池旋風は、公示日直前になって凪(なぎ)へと変わったようだ。

10月9日に行われた総決起大会は活気がなく、同日内に比例名簿の発表もできなかった。どうやら順位について異議が出たらしい。かねてから一部の候補者への優遇が伝わっていたが、大量当選の可能性があるなら紛糾はしなかったはずだ。本衆院選における国政への転身をあきらめた小池代表は、こうした混乱をどう収めていくのか。そして選挙戦の12日間を、どう戦い抜くのか。

行く先々で「アベ政治を許さない」のプラカード


安倍首相の街宣には、このようなプラカードやのぼりが追いかけてくる。首相周辺はそれを避けようとして街宣情報の管理に神経を使っている(筆者撮影)

希望の党の結成と民進党解体騒動に各メディアがかまけていたとき、自民党は総理日程に街宣を組み込むなど、粛々と選挙準備を整えていた。だが安倍晋三首相には悩みがあった。安倍首相が行く先々で「アベ政治を許さない」などと書かれたプラカードを持って待ち構えている面々だ。

きっかけは7月1日の都議選最終日。安倍首相が秋葉原駅前で街宣したとき、あまりの野次のひどさに「この人たちに負けるわけにはいかない」と声を張り上げて反論したことが大きく報じられた。

野次を飛ばせば安倍首相は怒り、国民へのイメージが悪化する。そう踏んだ反対派は、徹底して安倍首相の弱みを突こうとしている。それを嫌がる安倍首相側もまた、徹底して街宣のスケジュールについての情報をコントロールすることにした。それでもどこかから情報が漏れて、街宣先に反対派が待ち受けている。まるで終わりのない、いたちごっこだった。

その一方で、自民党の若手の頑張りが目立っている。

10月8日には小泉進次郎筆頭副幹事長が渋谷駅前のスクランブル交差点で街宣した。自民党青年局が主催し、野田聖子総務相や丸川珠代参議院議員も参加したが、とりわけ人気だったのが進次郎氏。街宣車に乗るまでにもみくちゃにされ、街宣が終わった後も人が押し寄せる。そうした余裕からだろう、進次郎氏はこう述べた。

「今日、私は小池さんをはじめとする希望の党や、他の野党のことを批判する気はありません。その1つ目の理由は、いくらでもネタがあるから、話し始めるとキリがない。2つ目の理由は、都民のみなさんが毎日の報道を見ていて、私たちが説明するまでもなく、見抜いていると思うからです」

希望の党を率いる小池代表に対する痛烈な皮肉は、国政への転身をけしかけた進次郎氏に対して「進次郎さんもキャンキャンはやしたてているようだが」とやり返した10月3日の小池代表の言葉への“返礼”といえる。

特定秘密保護法の成果を強調

翌9日には銀座4丁目交差点で、河野太郎外相と小野寺五典防衛相による共同街宣「みんなで考えようニッポンの平和」が行われた。その前々日、希望の党の小池代表が日本維新の会の松井一郎代表や河村たかし名古屋市長とともに演説したのと同じ場所だ(正確にいえば、晴海通りを挟んで反対側になる)。

集まった人の数は小池代表らのときに及ばないが、それでも多くの人が足を止めて聞き入った。


銀座での河野太郎外相と小野寺五典防衛相による共同街宣(筆者撮影)

「この総選挙、戦後自民党が築いてきた日米同盟を基軸とする安全保障体制を続けていくのか、この北朝鮮危機の中でそれを変えるのか、それが問われている」。河野外相は米軍をはじめ世界各国からの情報が集められ、それを分析することで北朝鮮の情勢がわかるようになったと説明。それができるようになったのは、特定秘密保護法が成立して、日本政府から機密が漏れることがなくなったからだと力説した。

「平和安全法制にしても同じだ。日本のまわりで日本を守るために警戒している米軍に対し、きちんと普段から支援活動ができるようになった。平和安全法制がなかったら、いまのように日本と米軍がきちんと機能しえなかった」

翌10日は北朝鮮の創建記念日で、今年は70周年に当たる。すでに北朝鮮は米国西海岸射程のミサイル発射準備を行ったと報道されており、油断はできない状態だ。

引き続きマイクを握った小野寺防衛相も、北朝鮮危機を訴えた。

「この問題は交渉で解決する、それが基本だ。しかし万が一、北朝鮮がわが国に対して弾道ミサイルや核、化学兵器で攻撃した場合、どんなことがあってもこの国を守る、それが防衛大臣の仕事だ」

安倍首相は9月26日、菅義偉官房長官と小野寺防衛相に選挙期間中は基本的に東京近郊にとどまり、危機管理に対応することを指示した。これを受けて小野寺防衛相は、投開票の22日まで地元である宮城6区に入らないことを表明。また小野寺防衛相は1994年に米朝間で核を巡って非常な危機があったことを引用し、こう批判している。

「米朝は戦争直前まで行ったことがある。そのときの日本の政権は、細川内閣、羽田内閣、村山内閣だった。いずれも国内政治だけで、北朝鮮対応はまったくできていなかった。このとき、米朝は枠組み合意をしたが、結果的にアメリカは騙された。そして日本は北朝鮮に1000億円以上の支援をした」

過去の日本政府の無策を批判すると同時に、細川政権と羽田政権で与党側にいた小池代表へのあてこすりとも受け取れる発言だった。

共産党「お願いだから総理大臣を辞めてほしい」

一方で野党側も、負けてはいない。同日夕方に渋谷で市民連合主催の街宣が行われた。

「“モリカケなかったことにしてね解散”なんて、認めるわけにはいきません」

日本共産党の小池晃書記局長が声を張り上げてこう言った。今回の衆院選は前回と異なり、共産党にとって順風とはえいない。野党共闘がうまくいっているとはいえず、ジレンマを抱えている。それを払拭するかのように、身ぶり手ぶりを交え、小池書記局長はこうまくしたてた。

「党首討論が行われているが、安倍首相は解散の原因を『共産党の小池さんが解散しろと言ったから』と言った。私の言うことを何でも聞くのなら、お願いだから総理大臣を辞めてほしい」

その政権を問う戦いが、本日火ぶたを切る。投開票日に笑うのはどの党か。いずれにしろ今回の衆議院選は、日本の政治史に大きく記録されることになるだろう。