アイスランド監督、W杯初出場決定で主将を絶賛「ペレ、マラドーナ、そして…」

写真拡大

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第10節が9日に行われ、グループIではアイスランド代表が2得点を奪ってコソボ代表に勝利。I組首位で初のW杯出場を決めた。イギリス紙『ミラー』が試合後のヘイミル・ハルグリムソン監督のコメントを掲載している。

 アイスランドは40分にエヴァートンMFギルフィ・シグルズソン、68分にバーンリーMFヨーハン・ベルク・グズムンドソンが得点。この2点のリードを守り切り、昨夏に初出場ベスト8入りの快進撃を見せたユーロ2016に続き、2度目となる主要国際大会への切符を手にした。

https://twitter.com/FIFAWorldCup/status/917489078488190978

 人口わずか33万人の小国ながら大舞台への切符を掴んだアイスランド。試合後、チームを率いるハルグリムソン監督は「すごく奇妙な感覚だ。今は心が乱れている。取り乱しているよ」と興奮気味に語った。

 さらに、主将を務めるカーディフMFアーロン・グンナルソンについて「言いたいのはつまり…ペレ、マラドーナ、そしてアーロン・グンナルソン!」と独特の言い回しで絶賛。“王様”ペレ氏、アルゼンチンの“英雄”ディエゴ・マラドーナ氏と並べて、キャプテンの功績を称えた。

 グループIのその他の試合では、クロアチア代表が2−0でウクライナ代表に勝利し、2位でプレーオフ進出を決めている。