9日、中国外交部の華春瑩報道官は、北朝鮮への対応について「効果がある手段は一つだけだ」と軍事行動を連想させるようなツイートをしたトランプ米大統領に自制を求めた。

写真拡大

2017年10月9日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は、北朝鮮への対応について「効果がある手段は一つだけだ」と軍事行動を連想させるようなツイートをしたトランプ米大統領に自制を求めた。

中国中央テレビのニュースサイトによると、トランプ大統領は7日、「米国の歴代大統領と政権は北朝鮮と25年も対話を続け、いくつもの合意がなされ、膨大な額の金が支払われてきたが、合意はインクも乾かないうちに破られた」とし「効果がある手段は一つだけだ」と投稿した。

華報道官は9日の定例記者会見で、トランプ氏の発言は米国が武力行使する可能性を示すシグナルだとの見方が出ていることについてコメントを求められ、「北朝鮮情勢は複雑かつ深刻だ」とし、関係国に対し「互いを刺激したり矛盾を激化させる言動を控え、自制すべきだ」と求めた。(翻訳・編集/柳川)