フロリダ農業機械大学の女子学生クラブの1つである「TITE56」の26人のメンバーが、卒業10週年を記念しコスタリカを旅行したそう。コスモポリタン アメリカ版によれば、なんと彼女たちは旅先で『スポーツ・イラストレイテッド』のグラビアを再現することにしたのだとか!

「TITE56」のメンバー(2008年度の卒業生を含む)であるジャーダン・ドネギーさんは、<ハフィントンポスト>に対し、3日間に及んだ旅行では毎日異なるテーマが掲げられていたと語っている。そこで、メンバーの1人でリップスティック通販サイト<The Lip bar>のオーナーでもあるメリッサ・バトラーさんは、『スポーツ・イラストレイテッド』をもじって「メラミン・イラストレイテッド」というグラビアを撮影するアイデアを思いついたとのこと。彼女たちは皆、ヌードカラーの水着に身を包み、メンバーの1人でNFLのチアリーダーでもあるシャーディア・ワシントンさんがポージングを指揮したそう。ちなみに、写真を撮影したのはハビエル・メレブさんという、コスタリカを拠点に活躍するフォトグラファー。

ドネギーさんは、<ハフィントンポスト>に対して、この写真は単に「TITE56」のメンバーの絆を表しているのみならず、自分を愛するというメッセージを発信するものでもあるとコメント。

「メディア、とりわけSNSは、美の基準を私たちに押し付けます。でも、私たちはあえて言います。美とは、自信を持って自分を肯定すること。美とはそんな姿勢そのものです。私たちは肌の色も体型も様々。だから、自己愛という、より大きなメッセージを発信したいのです。とりわけ、自分は見過ごされているとか、過小評価されていると思いがちなアフリカ系アメリカ人のシスターたちに対して」

some of the babies on the line- 52, 28, 10 & 9 ❤️ || #melaninillustrated #thisistite

A post shared by TITE 56 (@thisistite) on

ドネギーさんとシスターたちは、自分たちの投稿が何千もの「いいね!」を得て、リポストされたことに「圧倒された」と言う。

「この投稿が拡散されたことは、ある事実を物語っています。それは、多くの人は黒人女性たちが『これこそが美しさ!』と声高に語っているのを見たことがないこと。私たちは母であり、弁護士であり、実業家であり、高学歴であったりとさまざまですが、それぞれは1人の女性なんです」。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Rubicon Solutions, Inc.

COSMOPOLITAN US