松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

自身のシーズン開幕戦…5年連続出場のCIMBクラシックでPGAのV予想は4位

 男子ゴルフ世界ランク3位の松山英樹(レクサス)は、12日に開幕するCIMBクラシック(マレーシア)で2017-18シーズン初戦を迎える。今大会は昨季の「年間王者」ジャスティン・トーマス(米国)との激突がいきなり実現。PGAが発表したパワーランキングでは4位に格付けされ、米専門メディアからは「誰が見ても一流プレーヤー」と評されている。

 5年連続参戦となった今大会は、松山にとって新シーズン初戦。過去、2013年から25位タイ、21位タイ、5位、2位と年々成績を上げており、大会3連覇を狙うトーマスに真っ向勝負を挑む。

 今年8月の全米プロゴルフ選手権ではトップで迎えたサンデーバックナインで逆転優勝を許すも、シーズン最終戦のプレジデンツカップでは最終日のマッチプレー戦で撃破。木をすり抜ける“神アプローチ”が炸裂し、現地実況も「おいおい、なんてショットだ!」と大興奮で伝えるなど、不振だったプレーオフからの復活を印象付けていた。

 PGAは9日、公式サイトに大会の優勝予想を掲載。V本命には昨季年間王者のトーマスを推し、世界ランク47位のブレンダン・スティール(米国)、同14位のポール・ケーシー(英国)が続き、松山は4位に名前を連ねた。

「ストップ・ザ・トーマス」を果たし、シーズンの初陣を飾れるか

 松山に添えられたパワーランクのコメントでは、「過去数週間は歴史的な苦難に直面することとなったが、彼は手の届く大会を楽しむことが可能だ。過去2大会は単独5位と2位:平均スコアは66.75」と言及。昨季は終盤戦で失速したことに触れつつも、優勝は射程圏内だと捉えられている。

 また、米ゴルフ専門サイト「ゴルフ・ニュースネット」は、松山について「ヒデキは最後の数週間に行われたPGAツアーで偉大でいられなかった…それはたった2、3週間前の話だ。それでも、彼は大会に参加することが好きであり、ひとたびコースに立てば誰が見ても明らかな一流プレーヤーだ」と記している。

「ストップ・ザ・トーマス」を果たしてシーズンの初陣を飾り、好スタートを切れるだろうか。