北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、米国の対北朝鮮圧力を非難する論評を配信した。

論評は、「米帝とその追随勢力が国連を盗用して次々とつくり上げた対朝鮮『制裁決議』はわれわれの対外経済関係はもちろん、人民の生活に直結したテコまで全面封鎖する極悪な経済テロ行為である」と指摘した。

また、「主権国家の自主権と生存権、発展権を完全に抹殺しようとする政治的・経済的制裁・圧迫策動は、『共和国人口の絶滅』を叫ぶ米執権者の野蛮的で反人倫的な対朝鮮政策の実行として、軍事的侵略戦争行為同様である」と強調した。

さらに、「われわれを四面八方から完全に封鎖して経済全般を窒息させ、人民の生活を破壊し、究極的には共和国を武装解除させた後、核兵器をもって併呑しようとする米国の悪らつな企図は永遠に実現されない」と述べた。

その上で、「対朝鮮制裁・圧迫策動は朝鮮人民をいっそう覚醒、奮発させ、世紀をまたいできた反米対決戦を総決算しようとする不屈の意志を百倍にするだけである」と主張した。