北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、同国の核問題は米国との問題であり、韓国と論じることは絶対にあり得ないとする論評を配信した。

論評は、「南朝鮮の執権者」としながら文在寅氏が、「『米国との共助で北を圧迫するが対話の余地は開いておかなければならない』と力説し、9月30日と10月1日には青瓦台のスポークスマンなどを推し立てて『制裁・圧迫と共に対話も推し進めている』『制裁と圧迫は対話、協商と矛盾しない』と唱えるようにした」と指摘した。

また、「『8・15慶祝の辞』なるものでも『北に対する度合い強い制裁と圧迫の目的も北を対話へ誘導するためのものであって、軍事的緊張を高めるためのものではない』と縷々と説明した」と述べた。

つづけて、文氏の主張に対して「対話と対決の言語駆使もまともにできない対決病者らの無分別なたわごとにすぎない」と非難した。

さらに、「核問題は徹底的にわれわれと米国間の問題であり、米国の反共和国敵視政策と核恐喝・威嚇が持続する限り、いつになっても解決されない」と主張した。

その上で、「われわれの核抑止力はいかなる対話や協商のテーブルにのせて論じる駆け引きものではなく、特にわれわれが南朝鮮のかいらいと核問題を論じることは絶対にあり得ない」と強調した。