ロシアW杯17カ国の出場決定 アイスランドが悲願の初出場、EURO4強ウェールズは無念の敗退

写真拡大 (全2枚)

D組の三つ巴の争いはセルビアが制し、2大会ぶりの本大会出場

 ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選が現地時間9日にグループD、G、Iの最終節9試合が各地で行われた。

 この結果、グループDではセルビアが2大会ぶり12回目、グループIではアイスランド初の本大会出場を決めた。欧州選手権ベスト4のウェールズは予選敗退となった。

 3カ国による争いとなっていたグループDはセルビアがホームでの最終戦に1-0で勝利し、自力で首位の座を確保。旧ユーゴスラビア時代を含めて2大会ぶり12回目の出場を決めた。2位を争うアイルランドとウェールズの直接対決はMFジェームズ・マクレーンが決勝点を挙げたアイルランドが1-0で勝利を収め、2位でプレーオフに回ることになった。主力のFWギャレス・ベイル(レアル・マドリード)を負傷で欠いたウェールズは無念の予選敗退となり、1958年大会以来60年ぶりの本大会出場は叶わなかった。

 グループGはすでにスペインの首位、イタリアの2位が確定していたなかで最終節を迎えた。スペインとイタリアはそれぞれイスラエルとアルバニアに1-0で勝利。マケドニアは最下位リヒテンシュタインに4-0と圧勝した。

クロアチアは辛くも2位でプレーオフへ

 そして熾烈な上位争いが繰り広げられたグループIを勝ち抜いたのは、昨季の欧州選手権に初出場し、ベスト8に躍進した小国アイスランドだった。コソボを2-0で下し、首位通過で悲願のW杯初出場を決めた。ウクライナとクロアチアによる直接対決はFWアンドレイ・クラマリッチの2ゴールによってアウェーのクロアチアが2-0で勝利。MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)らタレント擁するクロアチアがプレーオフ出場の権利を手にした。

 来年のロシアW杯出場国は、これで32カ国中17カ国が出揃った。

<欧州>
ロシア(開催国/2大会連続11回目)
ベルギー(2大会連続13回目)
ドイツ(17大会連続19回目)
イングランド(6大会連続15回目)
スペイン(11大会連続15回目)
ポーランド(3大会ぶり8回目)
アイスランド(初出場)
セルビア(2大会ぶり12回目)

<南米>
ブラジル(21大会連続21回目)

<北中米カリブ>
メキシコ(7大会連続16回目)
コスタリカ(2大会連続5回目)

<アジア>
イラン(2大会連続5回目)
日本(6大会連続6回目)
韓国(9大会連続10回目)
サウジアラビア(3大会ぶり5回目)

<アフリカ>
ナイジェリア(3大会連続6回目)
エジプト(7大会ぶり3回目)

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images