GK東口順昭が定位置奪取を誓う 川島に「負けていないとアピールしたい」部分とは?

写真拡大

ハイチ戦で出場が見込まれる東口 「今までの悔しさをぶつけたい」

 日本代表GK東口順昭(ガンバ大阪)は、10日の国際親善試合ハイチ戦でチャンスを与えられることが濃厚ななか、正GK川島永嗣(メス)の存在を念頭に「シュートストップやクロスの処理、高さ対応では負けていないとアピールしたい」と意気込んでいる。

 バヒド・ハリルホジッチ監督は6日のニュージーランド戦と合わせた2試合へのメンバー発表会見の時点で、東口の出場機会について言及していた。

「この合宿では、あまり出ていなかった選手に機会を与えたい。例えば東口をゴールマウスに立たせることもあるかもしれない。何か起こった時に東口が今後プレーすることがあれば、それにも経験が必要だと思うので、そういった機会だ。ピッチに立たせることで、プレッシャーの中でどういうプレーができるか。メンタル的なこともよく分かる」

 ニュージーランド戦に川島が起用されたことから、このハイチ戦で東口が起用される可能性は高い。それだけに「数少ないチャンスで自分をどれだけアピールできるか。チームのためだけでなく、自分の良さをアピールしたい」と話している。

 東口は、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の前半でGK西川周作(浦和レッズ)、後半で川島の二番手という立場にあった。西川が浦和でパフォーマンスを落としていると判断されたタイミングで、川島がヨーロッパでの出場機会をつかみ始めたこともあり、正GKだけが入れ替わるという状況になり、東口にチャンスが回らなかった。だからこそ「今までの悔しさをぶつけたい」と強い思いを秘めている。

川島に宣戦布告「ここからサバイバル」

 対戦相手のハイチ代表については「映像も少なく、よく分からない」というのが現状だが、「身体能力はあるし、ドリブルやスピード、独特の体の伸びというのはあるはず。声を出すことによって集中力も維持できるし、危機察知を広く保ちたい」と、無失点に抑えるイメージを語る。

 そして、川島のポジションをいかに脅かしていくのかという点で「シュートストップやクロスの処理、高さの対応では(川島に)負けていないとアピールしたい。ここからサバイバルだし、気持ちの強い選手がピッチに立つ」と、ここからの逆転を誓っている。

 ハリル監督から見れば、有事の際にピッチに立つGKに経験を積ませるという意味合いかもしれない。しかし、東口本人にしてみれば、千載一遇のチャンスでもある。未知数のハイチ代表を抑えきれるのか。その能力が試されることになりそうだ。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images