世界の貧困の解決に「儲け」は必要なのか

写真拡大

会社は利益を出さなければつづけられない。日本をベースにしながら、世界各地での「社会貢献」のために10のビジネスを進めている株式会社がある。昨年度の売上高は約33億円。田口一成社長は、あくまでもビジネスとして貧困問題に取り組もうとしている。その狙いはどこにあるのか。ジャーナリストの田原総一朗氏が聞いた――。

■ボランティアでは問題は解決しない

【田原】田口さんは早稲田大学のご出身ですね。どんな学生でした?

【田口】授業にろくに出なかったですね。みんなで朝まで飲みながら哲学や経済の話をして、夕方まで寝るという生活でした。

【田原】経済と哲学、どっちが好きでした?

【田口】哲学かな。専門的に勉強したわけではないですが、いろんな本を読み漁って友達と議論していました。

【田原】たとえばどんな本ですか。

【田口】印象に残っているのはロマン・ロランの『ベートーヴェンの生涯』です。「人生、悩み苦しむときほど実り豊かで幸福なことはない」という一節が出てくるのですが、自分の道を探して悶々としていたときだったので、勇気づけられました。

【田原】自分の道を探していた?

【田口】せっかく福岡から東京に出てきたので、何者かでありたいという気持ちはありました。でも、自分の人生を捧げられるテーマが見つからず、ずっと探していた感じです。

【田原】大学2年生のころ、栄養失調になったアフリカの子どもをテレビで見て、これだと思ったそうですね。

【田口】恥ずかしながら、そのときはじめて世界に貧困に苦しむ人がいると知りました。これは日本に生まれた自分の人生を懸けるだけの価値があると思い、途上国の支援をしている団体に話を聞きにいきました。

【田原】ボランティア活動ですか?

【田口】そのつもりでした。でも、あるNGO職員の方からこう教えてもらったんです。「自分たちの活動は寄付に支えられているが、やっているのは波打ち際に砂山をつくるようなもの。つくっては波に消され、またつくって消されるという繰り返し。本気で貧困問題を解決したいなら、お金もコントロールする力を持たないといけないよ」と。それを聞いて、自分はビジネスでアプローチしようと考えました。売上高1兆円の企業をつくって1%を寄付したら、毎年100億円出せる。安直ですが、貧困を解決するにはそれが近道だとそのときは考えました。

【田原】ビジネスするために何をしたんですか?

【田口】1年間休学して、ワシントン大学に留学しました。ビジネスなら、なんとなくアメリカかなと(笑)。

■アメリカに行った一番の目的

【田原】ビジネスは学べました?

【田口】大学のある授業では1日何十ページも読んでこいっていわれます。最初は真面目にやっていましたが、日本語なら30分で読めるものを3、4時間かけて読むのがばからしくなって結局授業に行かなくなりました。

【田原】それじゃアメリカに行った意味がないじゃない?

【田口】アメリカに行った一番の目的は、ビジネスプランを決めること。大学のあるシアトルはカフェの街でした。それをヒントに、貧困農家から仕入れたフェアトレードティーの店をやろうと考えました。シアトルの茶葉商社やレストラン経営者に「日本に帰ったらこういうことをやりたいから勉強させてくれ」とプレゼンして回り、茶葉のブレンドなど修業させてもらいました。

【田原】留学は無駄ではなかったわけね。それからどうしました?

【田口】帰国後はベンチャーキャピタルを回って開業資金を集めました。資金を出してくれるところが1社見つかりましたが、担当の方は「理念はわかるけど、品質の安定性や価格を考えると、最初は商社から買ったほうがいい」と言う。自分は貧困農家との直接取引にこだわっていたので、結局話はまとまりませんでした。

【田原】開業しなかった?

【田口】はい。ティーカフェは断念して、一度就職することにしました。最終的には意見が分かれたものの、ビジネスのプロの指摘に説得力があったこともたしかです。自分にはビジネスの経験が圧倒的に足りない。2〜3年働いて実務を学びたいと思って、ミスミで働き始めました。

【田原】ミスミは何の会社ですか?

【田口】カタログ通販の会社です。一般的な会社は開発や販売など部門が分かれていますから、最初に営業に配属されると、3年は営業しかできなかったりします。一方、ミスミは1つの小さなチームで、商品開発から販売、物流、コールセンター管理まで、ビジネスの川上から川下まで経験できるので勉強するにはもってこい。面接で「3年で辞める」と言って入社しましたが、短期間でいろいろ学べたので、実際は2年で辞めて独立しました。25歳のときです。

【田原】ティーカフェで独立ですか?

【田口】いや、まずは資金づくりをしようと考えていたので、業種にはこだわりませんでした。たまたま不動産屋さんが集客で困っているのを知って、不動産賃貸の一括見積もりサービスを始め、それから発展させて無店舗型の賃貸仲介もやりました。

■バングラデシュで革製品をつくる

【田原】そこから社会起業に舵を切ります。きっかけは何ですか?

【田口】不動産仲介をやっていると、外国人のお客さまからの問い合わせがけっこうあります。ただ、部屋を仲介しようとすると、大家さんが「外国人はルールを守らない」「臭いが気になる」と言って拒否をする。とくに困っていたのは留学生です。会社勤めの外国人は会社が契約者になってくれるのでまだいいのですが、留学生はそれも難しく、先輩の部屋に転がり込むしかない。ドアを開けたら外国人が10人いたという話をよく聞きますが、彼らが望んでそうしていたわけじゃないんです。

【田原】それで?

【田口】僕らが部屋の借り主になって契約し、又貸しする形なら、大家さんも説得できる。ただ、単に又貸しするだけではおもしろくありません。日本語学校に話を聞きにいくと、日本人と友達になりたいという声がとても多かった。そこで、日本人と外国人が一緒に暮らすシェアハウスをつくりました。

【田原】大家さんをどうやって説得したんですか。

【田口】いくら説明しても、嫌がる大家さんには「日本でも昔は下宿して1つ屋根の下でみんなが切磋琢磨して暮らしていた。アパートで一人暮らしするいまの時代のほうがおかしいでしょう」と説得しながら、少しずつ増やしていきました。

【田原】ハウスはいくつつくったの?

【田口】1年間で20〜30ハウスをオープンさせました。住むのは1軒で8〜10人。日本人と外国人は半々で、多国籍なコミュニティーをつくっています。

【田原】1軒つくるのに、どれくらいかかりますか。

【田口】仲介手数料、敷礼金、備え付けのベッドや冷蔵庫を入れると、1ハウス250万〜300万円かかりました。10ハウスは稼働させないと社員の給料が払えなかったので、最初に2500万〜3000万円は必要でした。当時は金融機関がベンチャーにお金を貸してくれない時代。親戚に借りても足りず、社員の親からも借りてやりくりしてました。

【田原】いまは何ハウスくらい?

【田口】東京、大阪、京都、韓国、台湾、全部合わせて125です。

【田原】実際に運営してみて、どんな点が大変ですか。住民同士がケンカしたりしませんか?

【田口】多少は何かしらありますよ。でも、それがいい。むしろ部屋の掃除をした、しない、皿を洗う、洗わないといった小さなところに違いが出るので、異文化を理解するいいきっかけになると思っています。

【田原】シェアハウスを皮切りに、ソーシャルビジネスをいろいろ展開される。たとえばバングラデシュに工場を建てて財布などの革製品をつくっている。これはどういう経緯で?

【田口】日本で、あるバングラデシュ人から相談を受けました。彼の雇い主は給料を払わず、ビザも切れかけていた。結局、彼は自分で事業をやることになりましたが、事業の中身は未定。とりあえず僕が最初のお客さんになろうと、バングラデシュ視察のアテンドを頼みました。初めて訪れたバングラデシュは、想像以上に貧しかった。何とかしなくてはと始めたのが、革製品の事業です。

■700人以上の雇用を生んでいる

【田原】どうして革なんですか。

【田口】何がバングラデシュという国にとっていい事業なのかと考えていたときに、イードというイスラム教のお祭りがあるのを知りました。イードは牛を神様に捧げる犠牲祭で、肉は食べますが、その皮が大量に出る。それを日本の革縫製の技術で製品化して輸出すれば、自国の資源を活かした高付加価値の大きな産業がつくれるんじゃないかと。

【田原】なるほど。工場は田口さんが仕切っているのですか。

【田口】バングラデシュ人です。日本の革職人さんにお願いし、革のすき方からミシンがけまで教えてもらいました。帰国後、彼とその友人2人で立ち上げたこの工場は、いまでは700人以上の雇用を生んでいます。

【田原】え、そんなにたくさん雇ってるの! 売れているんですね。

【田口】日本にビジネスレザーファクトリーというブランドで8つ直営店があります。

【田原】いまソーシャルビジネスをいくつやっていますか?

【田口】10事業です。ぜんぶで売り上げは33億円ほど。これ以外に、いまも5事業ほど立ち上げ準備中です。

【田原】社会の課題を解決するなら、1つの事業に集中してインパクトを出すやり方もあります。どうしていくつもやるんですか。

【田口】1つに絞ると変化に弱くなります。僕らの理想はニッチトップを群として持つこと。1つの事業で10億円程度の売り上げが適正。社会課題に深く刺さった、ユニークで小さな事業体を複数持つほうが、突然の環境変化にも耐えられます。

【田原】失敗したものもあるの?

【田口】1つ、子ども服ブランドをつくりましたが、まったく利益が出ませんでした。サイズの幅広さ、激しい値引き競争といった子ども服業界の常識を知らずに勢いでたくさん出店して失敗しました。

【田原】逆にいうと、ほかの事業はみんな成功したの? すごい勝率だ。

【田口】事業は本来、一定の能力がある人が一生懸命やればうまくいきます。なのに、なぜ失敗するかというと、途中で情熱が尽きるから。ちょっと難しいと、自分がやりたいのはやっぱりこれじゃない、とすぐあきらめて、ちょっと上手くいくと飽きがきて「もういいか」となる。失敗というよりも、やめちゃうんです。逆にいえば、飽きのこないもの、つまり自分が心からやりたい事業を選んでやり続ければ、まず失敗しません。先ほど失敗例にあげた子ども服の事業も、いまはベビー服のギフトブランドに形を変えて継続しています。途中で投げ出さずに修正しながら続けていけば、必ず成功します。

■世界の社会起業家の成功の輪をつくる

【田原】田口さんは、ぜんぶの事業にそんなに情熱を持ってるんですか?

【田口】それぞれの事業は各社長に任せています。というより、この事業で社会を変えたいと言ってきた社員に事業を立ち上げさせます。入社半年でミャンマーに飛び、昔の生協と同じシステムで僻地の村に物資を届ける事業を立ち上げた社員もいる。僕は彼らのプランに、ビジネスの視点から肉付けしていくだけです。

【田原】社員は会社を利用して自分がやりたいことを実現させるわけだ。

【田口】僕らの入社試験は、やりたいことありき。会社がやりたいことのために必要な人を雇うのではなく、本気でやりたいことがある人を集めて、彼らに会社のリソースを使ってもらえばいい。すでに自分でソーシャルビジネスをやっている人が僕たちを利用してもいいと思ってます。

【田原】どういうこと?

【田口】今年7月、ケニアで活動しているアルファジリという会社がグループ入りしました。この会社は、大豆の栽培指導から物流網の整備、買い取りまで行って、大豆農家を育てようとしています。

【田原】なぜ彼らはわざわざグループに入ったの?

【田口】自分のアイデアを世界中に広げるためです。社会起業家たちは自分がつくり上げた事業で、一人でも多くの人を助けたいと思っていて、世界中に広げたい。でも、そこに見知らぬ人がやってきて「いいモデルですね。私もエチオピアの人を助けたいからそのノウハウを教えて」と言ったらどうなるか。さっきまで一人でも多くの人を救いたいと言っていたのに、見ず知らずの人にタダで教えるわけにいかない、と一転します。それが人間です。一方、教えを請いにきた人も「純粋に貧しい人を助けたいと思ってきたのに、結局お金か」と憤慨してしまう。世の中には、いいソリューションが実はたくさんある、でもそれが広がらないのは、ここに壁があるからです。

【田原】どうすればうまくいく?

【田口】みんなが身内になればいいんです。たとえば、弟が兄に教えを請うても、普通はお金を取りませんよね。では、どうやって他人同士を身内にするのか。それには財布を一緒にすればいいというのが僕の考え。アルファジリがグループに入れば、社会をよくしたい社会起業家たちとお金とノウハウのすべてを共有でき、このネットワークから解決方法を世界に広げていくことができます。グループメンバーが広げた先で出た利益は、また同じみんなの財布に戻ってくる。それを使って自分はまた新たな事業を起こす。こうして、世界のある起業家が考えた社会ソリューションが瞬く間に世界に広がっていく。それが僕らの考える社会変革のアプローチです。

【田原】ソーシャルビジネスのプラットフォームをつくる。おもしろい。ぜひ頑張ってください。

■田口社長から田原さんへの質問

Q.日本人が世界平和のためにできることは何ですか?

自衛隊は憲法で縛られて戦えない、格好だけの軍隊です。だから僕はいいと思う。太平洋戦争の開戦前、日本が勝てると思っていた専門家はいませんでした。海軍連合艦隊司令長官の山本五十六は、「やれといわれれば半年や1年は暴れてみせる」といった。つまりそれ以上長引くと負ける自覚があったのです。負け戦でも、戦えるものなら戦いたい。それが軍人の習性。だから、戦えない軍隊のほうがいい。

かといって、憲法があれば他国は攻撃してこないという考えも甘い。日本人はこれまで国を守ることを本気で考えてこなかった。上空を北朝鮮のミサイルが通って、やっと危機感を持った。これからしっかり向き合うべきです。

田原総一朗の遺言:国を守ることを本気で考えろ

(ジャーナリスト 田原 総一朗、ボーダレス・ジャパン 社長 田口 一成 構成=村上 敬 撮影=宇佐美雅浩)